難攻不落の金山城

軍神と言われた上杉謙信でさえも陥落させることができなかった関東の山城。その名は金山城。金山城には、難攻不落という言葉が相応しい。

史跡金山城跡ガイダンス施設

太田市眺望

スバル町眺望

西城筋違い虎口

史跡金山城跡

西矢倉台西堀切

西矢倉台西堀切

西矢倉台下堀切

西矢倉台下堀切

西矢倉台通路

馬場下通路

物見台下虎口への道

物見台下虎口

金山城物見台下虎口ジオラマ

金山城 物見台・馬場下通路模型

物見台

物見台下堀切

物見台から虎口を見下ろす

物見台

物見台からの眺望 赤城山方面

馬場下通路

馬場下通路の木橋

竪堀と木橋

馬場下通路

馬場通路・石塁

馬場曲輪

馬場曲輪

月の池

大堀切と月の池

大堀切

金山城大手虎口

大手通路

大手通路から南通路方面

大手通路から北通路方面

金山城 大手虎口模型

金山城 大手虎口模型

金山城 大手虎口模型

日本百名城 金山城

日の池

日の池

土塁石垣

金山城土塁石垣

壇状土塁石垣

アゴ止め石技法

本丸残存石垣

樹齢800年 金山の大ケヤキ

金山の大ケヤキ

金山城全景地形図

SUBARUの父 中島知久平

TANIGAWADAKE & GUNMA RIDGE

稜線の紅葉

GUNMA RIDGE

憧れの稜線

中央分水嶺

TANIGAWADAKE & GUNMA RIDGE

山稜の紅葉2019

中央分水嶺

TANIGAWADAKE & GUNMA RIDGE 2019-10-01

ワークアウト詳細

mountain streams

mountain streams

mountain streams

mountain streams

皇海山山麓栗原川林道

梅雨の合間に皇海山山麓にある栗原川林道に行ってきました。
途中で車を止めて林道を歩くと、狸、鹿、雉などに出会いました。
時間の関係で皇海山の登山口にはたどり着けなくて、途中で引き返しました。

ワークアウト詳細

栗原川林道の絶壁

狸

雉

皇海山山麓栗原川林道2019-06-17

二子山西岳登山2019-06-03

二子山西岳

稜線上のアリア

垂直関係

二子山西岳登山2019-06-03

ある晴れた春の日の午後

ある晴れた春の日の午後

ある晴れた春の日の午後

うさぎの足跡

ある晴れた春の日の午後

かたくり

かたくり

KATAKURI

かたくり

かたくり

かたくり

冬の安息日に

大滝

大滝

透き通った流れ

照葉

the murmur of a small stream

透き通った流れ

細波紅葉

REFRECTION

冬の安息日に2018-12-17

MBC 2018 AUTUMN

MBC2018AUTUMN

松原湖バイブルキャンプにて、伝道懇談会、そして松原湖研修会

伝道懇談会:開拓から自立まで
 主講師:中谷美津雄師 生駒めぐみ教会牧師
     神の教会に仕えるしもべに
分科会5 宣教師との協力による開拓
      ジム・ニールセン理事長(TEAM JAPAN)

松原湖研修会:聖書信仰と教会形成
 開会礼拝:聖書信仰を受け取って:水草修治師
      副理事長、苫小牧福音教会牧師、北海道聖書学院教師
 天皇の代替わりと教会:派遣教師 山口陽一師、東京基督教大学学長
 聖書信仰の喜び:菊池実師:八千代聖書教会牧師、東京基督教大学教授
 聖書信仰の中身:水草修治師
 聖会:教会の本質を求めて:趙南洙師、招待キリスト教会牧師
 聖書信仰と教会形成:赤江弘之師:西大寺キリスト教会牧師、教団顧問
          (ステント10本入れてエノクを目指す)
 派遣礼拝:廣瀬薫理事長:東京基督教大学「派遣教師」
      時が良くても悪くてもイエス様に従う

聖書に書かれている通りに信じること、聖書に書かれている通りにまっすぐときあかすことに困難が増している時代。永遠の滅び、さばき、地獄、悪魔、再臨といった聖書の教えは、ほとんど語られなくなっている現実。離婚、再婚、未信者との結婚、ネット倫理、性的少数者、生命倫理、未信者の死、自死、死刑制度の問題などにおいて、聖書信仰の実践は無意識に限定される状況もある。