もうすぐ雨水 好日写真日記

二十四節気(日付は2018年のもの)

立春 2月4日〜

春香

雨水 2月19日〜

蝋梅

桜島

啓蟄 3月6日〜

パンジー

春分 3月21日〜

THIS IS SAKURA

復活祭 イースター2018

晴明 4月5日〜

置かれた場所で咲く

穀雨 4月20日〜

草千里

立夏 5月5日〜
収穫は多いが働き手が少ない

小満 5月21日〜

天を見上げて地上を旅する

芒種 6月6日〜

紫陽花

夏至 6月21日〜

貝殻

小暑 7月7日〜

アブラゼミ

大暑 7月23日〜

古利根川流灯まつり2018

立秋 8月7日〜

長野の空

処暑 8月23日〜
ハイビスカス

白露 9月8日〜

朝顔

秋分 9月23日〜

松原湖バイブルキャンプ

寒露 10月8日〜

Autumn Day

霜降 10月23日〜

Autumn reds

立冬 11月7日〜

Autumn Leaves

小雪 11月22日〜

古利根雪景色 with PENTAX K-5

大雪 12月7日〜

杉戸キリス会

冬至 12月22日〜

HOPE TO THE WORLD

小寒 1月5日〜

春の足音

大寒 1月20日〜

朝ごとに新しい

THE MILKY WAY

THE MILKY WAY

SUGITO GOSPEL CAFE

2月8日の福音喫茶も都合により休みます。

“Drawn to You” by Audrey Assad – Lyric Video

もう耐えられない時、疲れ果てた時、なにもかも捨てて逃げ出したい時、やる気を失った時、生きる力がなくなった時、うつ的でどうしようもない時、早く死にたいと願う時、ぜひこの歌を聞いてください。あなたの心が元気になることを心から祈りつつ。

Footprints

Footprints

Footprints

One night I dreamed a dream.
I was walking along the beach with my Lord.
Across the dark sky flashed scenes from my life.
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand,
one belonging to me
and one to my Lord.

When the last scene of my life shot before me
I looked back at the footprints in the sand.
There was only one set of footprints.
I realized that this was at the lowest
and saddest times of my life.
This always bothered me
and I questioned the Lord
about my dilemma.

“Lord, you told me when I decided to follow You,
You would walk and talk with me all the way.
But I’m aware that during the most troublesome
times of my life there is only one set of footprints.
I just don’t understand why, when I needed You most,
You leave me.”

He whispered, “My precious child,
I love you and will never leave you
never, ever, during your trials and testings.
When you saw only one set of footprints
it was then that I carried you.”

by Margaret Fishback Powers

Footprints 足跡 (マーガレット・パワーズ作)
One night I dreamed a dream. I was walking along the beach with my Lord.ある夜私は夢を見た。私は主と一緒に砂浜を歩いていた。
Across the dark sky flashed scenes from my life.
これまでの人生のいろんな場面が走馬灯のように見えた。
For each scene, I noticed two sets of footprints in the sand, one belonging to me and one to my Lord.それぞれの場面に、二人分の足跡があった。一つは私の足跡、もう一つは主の足跡。

When the last scene of my life shot before me, I looked back at the footprints in the sand.最後の場面が映し出された時、私は砂浜に残された足跡を振り返った。
There was only one set of footprints. I realized that this was at the lowest and saddest times of my life.そこには一人分の足跡しかなかった。そして私は気づいた。足跡が一人分しかないのは、私の人生の中でも最低の時、最も悲しい時であったことに。
This always bothered me and I questioned the Lord about my dilemma.“Lord, you told me when I decided to follow You, You would walk and talk with me all the way. But I’m aware that during the most troublesome times of my life there is only one set of footprints. I just don’t understand why, when I needed You most, You leave me.”このことが私を混乱させ、私は主に文句の祈りをした。「主よ!私があなたに従うことを決心した時、あなたは、いつも私と一緒に歩んでくださると約束してくださいました。けれども、私が一番辛かった時に限って、足跡が一人分しかありません。私にはわかりません。なぜあなたは、私があなたを最も必要とした時に私を見捨てられたのですか?」
He whispered, “My precious child, I love you and will never leave you never, ever, during your trials and testings. When you saw only one set of footprints, it was then that I carried you.”主はささやかれた。「私の大事な子よ!私はあなたを愛している。そして決してあなたを離れない。あなたが一人分の足跡しか見つけられなかった大変な時。その時私は、あなたを背負って歩いていたんだよ。」

苦しみの中におられる方々のための告白…A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

僕らは結局、自分の願いが叶えられることを必死で願っているかもしれない。
でも神さまは、僕らの願いをはるかに超えた形で、必ず願いを叶えてくださる!

苦しみの中におられる方々のための告白…A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

I asked God for strength, that I might achieve   
I was made weak, that I might learn humbly to obey…

I asked for health, that I might do greater things   
I was given infirmity, that I might do better things…

I asked for riches, that I might be happy   
I was given poverty, that I might be wise…

I asked for power, that I might have the praise of men   
I was given weakness, that I might feel the need of God…

I asked for all things, that I might enjoy life   
I was given life, that I might enjoy all things…

I got nothing that I asked for — but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.  
I am among all men, most richly blessed!
(Author unknown)

This creed is hung on a wall at a waiting room of Institute of Rehabilitation Medicine, 400 East 34th Street NYC

この詩は、青銅の盾に刻まれて、ニューヨーク市イーストリバー沿いの東400丁目、34番街にある物理療法リバビリテーション研究所の受付の壁にかけられている。作者不明。以下、野町試訳。

私は神様に強さを求めました。成し遂げるために。
でも私は、弱い者とされました。従うための謙遜を学ぶためにと。

私は健康を求めました。より偉大なことをするために。
でも私は、病弱を戴いたのです。より良きことができるようにと。

私は富を求めました。幸せになるために。
でも私は、貧しさを授かりました。賢い者であるようにと。

私は力を求めました。世の人々の称賛を得るために。
でも私は、弱さを授かりました。絶えず神に寄りすがる必要を覚えるためにと。

私はあらゆるものを求めました。人生を楽しむために。
でも私は、命を授かったのです。すべてのことを喜び楽しめるようにと。

私が求めたものは何一つとして与えられませんでした。
けれども、私の願いは、すべて神に聞き届けられたのです。

私は神の意に添わぬ者であるにも拘わらず、
心の中の言い表せない祈りは、すべて叶えられたのです。

私はすべての人の中で、最も豊かに祝福されたのです。