私とバイク その8

手術が終わって翌日の午後から、理学療法士によるリハビリが始まった。
筋肉は使わないとあっという間に固くなり、そして驚くほど弱くなってしまうという事実に愕然とする。まず左手の腕力と握力が弱くなっている。さらに1日以上ベッドに寝たままだったので脚力も。

1日目は車椅子でリハビリ室まで移動、2日目からは歩いてリハビリ室まで移動となる。メモ用紙に自主リハビリ用の項目を書いていただき、自分でもリハビリに励む。

手術して約1ヶ月は、左腕を90度から100度以上に上げてはいけないという制約があった。それ以上に上げると、鎖骨が回転し始めるので、骨折部にかなりのストレスがかかるというのだ。人体の驚くべきメカニズムに驚く。

そしてリハビリは痛みとの格闘であり、特に骨折治療は非常な忍耐を必要とするプロセスだということがわかってきた。

人の想定外と神の想定内

数え切れない子どもたちが、親の想定外で生まれています。
でも子どもたちは誰一人、神の想定外ではないのです。
はかり知れない神の目的においては、人間の過ちも、罪でさえも想定内です。

親があなたを身ごもるずっと前に、あなたは神のマインドの中に、
かけがえのない大切な存在としてデザインされていたのです。

親があなたのメーカーではありません。だからもちろんオーナーでもありません。
天地を創造された神だけが、あなたのメーカーでありデザイナーであり、オーナーです。

この神との関係を回復しない限りは、どんな素晴らしい家族に囲まれても、
孤独と空しさ、満たされない思いと不安の中で、決して幸せにはなれません。

私とバイク その7

手術の翌日、木曜日の朝。やっと点滴、導尿カテーテル、血中酸素濃度センサーがなくなった。とても気分が悪く、朝食は少ししか食べれなかった。本当は一週間ぐらい入院すべきとのことだが、日曜の礼拝奉仕のために土曜日に退院予定。でもこんな状態で土曜日に退院できるのか少し不安になった。けれども、昼には気分も良くなり、昼食は残さず食べることができた。

肩に入ったメスの後は、糸ではなくホッチキスのようなもので止められている。金属のプレートと無数のネジによって折れた骨がくっつきやすいように固定された。レントゲンを見ると、まるで剣山のような状態。

家族、教会の兄弟姉妹、宣教区、地域牧師会、フェイスブックの友人たちの祈りに心から感謝。

Why don’t you trust in Jesus?

You know, Jesus loves you first
long before you love Him.
Because He is the true love.

You know, Jesus knows everything
and especially what is best for you.
Because He is the designer of You.

You know, Jesus knows all your pains.
Because He became flesh
and made his dwelling among us.

You know, Jesus died on the cross
especially for you
long before your repentance.
Because He loves you so much.

You know, Jesus gave you everything
long before you give Him something.

You know, Jesus is living
because He has been raised from the dead!

Why don’t you trust in Jesus?
Why don’t you respond to Him?
Now the time to trust.
And now the time to love Him.

Why don’t you trust in Jesus?
Why don’t you respond to Him?
Now the time to trust.
And now the time to worship Him.

by Shinri Nomachi

私とバイク その6

私とバイク その6

手術は水曜日、その前日の火曜日から入院となった。部屋は4人部屋になった。同室の方に挨拶し、いろんな話をする。手術のための説明や同意書への署名を行う。全身麻酔のために髭を剃る。夕食の後、午後9時からは絶食、翌朝からは水分を取ることも禁じられた。

静まって聖書に耳を傾け、聞く祈りをする。詩篇103篇から主の平安と喜びをいただいた。

Psa. 103 ダビデによる
1 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。
2 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
3 主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、
4 あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
5 あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。

私は決して一人ではない。主イエスがどんなときにも一緒にいてくださるから。

ストレッチャーに乗って手術室に移動する。病院の天井の景色が流れていく。エレベーターで移動し、手術室に入り、手術台の上に。いよいよまな板の上の鯉だ。主にすべてをおまかせし、平安のうちに横たわる。点滴から麻酔が入り、すぐに意識が遠のく。・・・しばらくして目を覚ます。また気がつくと病室に戻っていた。その後、次の朝まで滝のように点滴を受け続ける。

私とバイク その5

シャツを脱ぐ時にかなり左肩に痛みがあったが、切り傷やすり傷はなかったのでシャワーを浴びた。転倒のショックもあったので、夕食を食べ、早めに床に就いた。

翌朝になっても左肩に痛みがあったので、念のために病院に行ってみた。最初の病院では外来診察受付が定員となっていて、近くの病院を紹介してもらった。

レントゲン写真を見て、医師が言った。「ああ、やっぱり折れてますね。肩の関節に近い部分で鎖骨が折れています。このままだとうまく治らないので、手術した方がいいです。まだ若いから手術してしっかり治した方がいい。」それは、やっと痛みの理由が明らかになった時だった。それで先ほどの病院に紹介状を書いてもらい、改めて外来診察をしていただいた。手術のための検査(レントゲン撮影、血液検査、尿検査、心電図検査)をし、手術の日程を決めて家に帰って来たときには、とても疲れていた。手術は次週の水曜日と決まった。

ただ三角巾で左腕を吊っているだけで、痛み止めもシップも何もない。約1週間はそのような状態だった。骨折した状態のままなので、動かし方によってはとても痛い。けれども、利き腕が使えたので本当に感謝だった。

続く

閉塞感という名の黒雲を突き破るものは何か?

閉塞感という名の黒雲を突き破るものは何か?それは決して、人間の信仰深さや熱心さではない。

キリステ(切り捨て)教では、人間の信仰深さや熱心さがブレイクスルーの鍵を握っていると教えられる。そしてキリステ教では、「願いかなわざることなし」、「願ったとおりに叶えられていく」と教えられる。けれども、いくら願っても願いがかなえられない状況で悩む人々を、「それはあなたの信心が足りないから。信仰のとおりにしかならないから、信じられなかったらもうおしまい」と切り捨てる。

以下に引用する新約聖書ルカの福音書1章20節は、閉塞感を突き破る鍵となるみことばであり、キリスト教がキリステ教にならないために、真剣に耳を傾けなければならないみことばである。

『ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」』

主なる神が約束してくださったことは、たとえ人間が信じられなくても、信心が足りなくても、時が来ると必ず出来事になる。だから信じられなくても大丈夫。どんなことがあっても、人間の不信仰でさえも突き破って、神は約束を必ず守ってくださる。

閉塞感という名の不信仰を突き破るものは何か?それは、天地を創造され、万物を御手に統べ治めておられる主なる神の真実な御言葉である。