クリスマス 万年筆を 走らせて

クリスマス 万年筆を 走らせて

礼拝メッセージ「蜜のように甘い巻き物」

礼拝メッセージ「蜜のように甘い巻き物」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ヨハネの黙示録10章1ー11節

それから、前に私が天から聞いた声が、また私に話しかけて言った。「さあ行って、海と地との上に立っている御使いの手にある、開かれた巻き物を受け取りなさい。」それで、私は御使いのところに行って、「その小さな巻き物を下さい」と言った。すると、彼は言った。「それを取って食べなさい。それはあなたの腹には苦いが、あなたの口には蜜のように甘い。」そこで、私は御使いの手からその小さな巻き物を取って食べた。すると、それは口には蜜のように甘かった。それを食べてしまうと、私の腹は苦くなった。黙示録10章8-10節

聖書(バイブル)は、神の言葉の正確な記録(レコード)です。神の言葉は、状況の中で神からの霊感(インスピレーション)と啓示を受けた人々によって、祈りつつ細心の注意を払って書き記され、信仰共同体によって奇跡的に受け継がれてきました。

聖書は永遠のいのちに関する最も大切な情報であり事実です。聖書は時が来ると必ずその通りの出来事となる誠実さと力強さを持ったいのちのことばです。世界中の様々な言葉に翻訳され、出版され続けている聖書は、旧約聖書と新約聖書を合わせた66巻で完結しています。

聖書を食べるように味わい、神の言葉が私たちの内に受肉する時、蜜のような甘さと共に、苦みも味わうことになります。それは、受肉された神の言葉であられる主イエス・キリストが、蜜のように甘い愛であられるが故に、失われた人の羊飼いなき姿、病、死の現実をご覧になる時、腸を痛められるからです。

蜜のように甘い巻き物

蜜のように甘い巻き物

それから、前に私が天から聞いた声が、また私に話しかけて言った。「さあ行って、海と地との上に立っている御使いの手にある、開かれた巻き物を受け取りなさい。」それで、私は御使いのところに行って、「その小さな巻き物を下さい」と言った。すると、彼は言った。「それを取って食べなさい。それはあなたの腹には苦いが、あなたの口には蜜のように甘い。」そこで、私は御使いの手からその小さな巻き物を取って食べた。すると、それは口には蜜のように甘かった。それを食べてしまうと、私の腹は苦くなった。黙示録10章8-10節

聖書(バイブル)は、神の言葉の正確な記録(レコード)です。神の言葉は、状況の中で神からの霊感(インスピレーション)と啓示を受けた人々によって、祈りつつ細心の注意を払って書き記され、信仰共同体によって奇跡的に受け継がれてきました。

聖書は永遠のいのちに関する最も大切な情報であり事実です。聖書は時が来ると必ずその通りの出来事となる誠実さと力強さを持ったいのちのことばです。

世界中の様々な言葉に翻訳され、出版され続けている聖書は、旧約聖書と新約聖書を合わせた66巻で完結しています。

聖書を食べるように味わい、神の言葉が私たちの内に受肉する時、蜜のような甘さと共に、苦みも味わうことになります。それは、受肉された神の言葉であられる主イエス・キリストが、蜜のように甘い愛であられるが故に、失われた人の羊飼いなき姿、病、死の現実をご覧になる時、腸を痛められるからです。

uiyyeyyeunaith.jpg

礼拝メッセージ「冷たいか熱いかであれ」

礼拝メッセージ「冷たいか熱いかであれ」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ヨハネの黙示録3章14−22節

また、ラオデキヤにある教会の御使いに書き送れ。『アーメンである方、忠実で、真実な証人、神に造られたものの根源である方がこう言われる。「わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが冷たいか、熱いかであってほしい。このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。黙示録3章14-16節

想定外の大災害を防ぐためには、近い未来に何が起こるのかをきちんと想定し、具体的にイメージして備えることが大切です。そのためには「歴史を心に刻みつつ聖書に聞き従う」必要があります。なぜなら「聖書は時が来ると未来の出来事となる神の言葉」であり、「聖書信仰の本質は歴史を心に刻むこと」だからです。

冷たくもなく、熱くもない人。つまりなまぬるい人は、主イエスの口から吐き出されてしまいます。

深刻なのは、やがて主イエスに吐き出される人に、自覚がまったくないことです。まさに盲目となった裸の王様です。自分を欺き、現実から仮想現実(バーチャルリアリティ)へと逃避し、富んで豊かに生きているつもりになっているのです。

しかし主イエスは、愛する者をしかったり懲らしめたりなさるお方です。それが未来を見ることが私たちに許されている理由です。私たちは、主イエスに熱心に愛されている者として、熱心になって悔い改め、人生の向きを変えようではありませんか。

神のいつくしみときびしさ

杉戸キリスト教会週報をデジタル化して足跡を振り返ると、今も生きておられ、歴史を導いておられる神を覚えざるを得ません。

特に今年の3月11日に東日本大震災が起こるまでに、主日(日曜日)ごとの礼拝で語らせていただいた聖書箇所とメッセージの内容を覚える時、神のいつくしみと共に、神のきびしさを覚えざるを得ないのです。

なぜなら3月11日に至る前に、私は旧約聖書の創世記から順番に講解説教していて、ちょうどノアの箱舟のテキストにおいて、大洪水のことを語り終えた後、あの大震災と大津波、そして原発震災が起こったのですから。

愛する皆さん。防災のために、ぜひ聖書に書き記されている未来を想定内に入れた人生設計をしてください。聖書に書かれていることはすべて、時が来ると必ず出来事になる、その通りになる確かな神のみことばなのですから。

新しい人間についての説教 ルドルフ・ボーレン師

新しい人間についての説教 ルドルフ・ボーレン師

礼拝メッセージ「クリスマスの足音」

CHRISTMAS IN SUGITO (JAPAN)

礼拝メッセージ「クリスマスの足音」

聖書箇所:ルカ福音書1章1-38節

ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」ルカ福音書1章20節

ルカ福音書1章には、祭司ザカリヤと彼の妻エリサベツ、御使い、そしてキリストの母とされるマリヤが登場します。エリサベツは不妊の女でしたが、全能の神によって身ごもり、バプテスマのヨハネの母とされました。ザカリヤ夫婦に子どもが与えられる経緯を通して、全能の神がどのようなお方かを知ることができます。

ザカリヤは不信仰の故に、神の言葉が出来事になるまでものが言えなくなりました。しかし神の約束の言葉は、人間の不信仰を超えて、その時が来れば実現しました。厳密な意味で私たちが信じたとおりにしかならないのなら、全能の神の素晴らしいご計画はだめになるでしょう。この世界のすべてを再創造するという神の壮大なご計画は凍結し、私たちは滅んでいくことでしょう。

しかし全能の神のことばは、人間の不信仰を超えて、時が来れば必ず出来事になるのです。「神のことば」を「出来事」と訳すことが出来る理由がここにあります。喜びと希望をもたらすクリスマスの足音は、人間の不信を超えて近づきます。そして、神を信頼して人生を明け渡すマリヤのような人を、全能の神は豊かに用いられるのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら