U2 Grace

のまちゃん牧師がU2のGRACEの私訳を試みました。英語は好きですが、あまり得意ではないのでご了承ください。

Grace グレイス
She takes the blame 彼女は責めを引き受ける
She covers the shame 彼女は恥を覆う
Removes the stain 彼女は汚れを取り除く
It could be her name 彼女の名前はグレイスかもしれない

Grace グレイス
It’s a name for a girl それは女の子の名前
It’s also a thought that changed the world そして世界を変えた考え
And when she walks on the street 彼女が通りを歩く時  
You can hear the strings あなたは彼女の奏でる音を聞くことができる
Grace finds goodness in everything グレイスはすべての中に良いものを見出す 

Grace, she’s got the walk グレイス 彼女は歩く
Not on a ramp or on chalk 渡し板や細い線ではないところを
She’s got the time to talk 彼女は話す時を得る
She travels outside of karma 彼女はカルマの外を旅する
She travels outside of karma 彼女はカルマの外を旅する
When she goes to work 彼女が仕事に出かける時
You can hear her strings あなたは彼女の奏でる音を聞くことができる
Grace finds beauty in everything グレイスはすべての中に美しいものを見出す

Grace, she carries a world on her hips グレイス 彼女は腰の上に世界を乗せて運ぶ
No champagne flute for her lips 彼女の唇のためにシャンパングラスはない
No twirls or skips between her fingertips 彼女の指先の間にひねりやスキップはない
She carries a pearl in perfect condition  彼女は完璧な真珠を持ち運ぶ

What once was hurt かつては傷つけられ
What once was friction 擦れ合わされ
What left a mark 傷跡が残っていた
No longer stings でももう刺したりしない
Because grace makes beauty
Out of ugly things なぜならグレイスは醜いものから美しいものを生み出すから
Grace makes beauty out of ugly things グレイスは醜いものから美しいものを生み出すから

カルマ:日本語では業と訳される。因果応報的な考え。身体言語心による人間の働き行為。行為は必ずその結果をもたらし、また現在の事態は必ずそれを生む行為を過去に持っているとする思想は、インド思想に広く見られる。

Music: U2
Lyrics: Bono
Synthesizers/programming: Brian Eno
Additional Guitar: Daniel Lanois
Produced by: Daniel Lanois and Brian Eno
Engineered by: Richard Rainey and Alex Haas
Assisted by: Chris Heaney
Mixed by: Brian Eno

礼拝メッセージ「愛は隣人に対して害を与えない」ローマ34

礼拝メッセージ「愛は隣人に対して害を与えない」ローマ34(クリックで聴けます)

聖書箇所:ローマ人への手紙13章1ー10節

1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2 したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。そむいた人は自分の身にさばきを招きます。3 支配者を恐ろしいと思うのは、良い行いをするときではなく、悪を行うときです。権威を恐れたくないと思うなら、善を行いなさい。そうすれば、支配者からほめられます。4 それは、彼があなたに益を与えるための、神のしもべだからです。しかし、もしあなたが悪を行うなら、恐れなければなりません。彼は無意味に剣を帯びてはいないからです。彼は神のしもべであって、悪を行う人には怒りをもって報います。5 ですから、ただ怒りが恐ろしいからだけでなく、良心のためにも、従うべきです。6 同じ理由で、あなたがたは、みつぎを納めるのです。彼らは、いつもその務めに励んでいる神のしもべなのです。7 あなたがたは、だれにでも義務を果たしなさい。みつぎを納めなければならない人にはみつぎを納め、税を納めなければならない人には税を納め、恐れなければならない人を恐れ、敬わなければならない人を敬いなさい。8 だれに対しても、何の借りもあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です。他の人を愛する者は、律法を完全に守っているのです。9 「姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな」という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」ということばの中に要約されているからです。10 愛は隣人に対して害を与えません。 それゆえ、愛は律法を全うします。ローマ13章1−10節

祈 祷 課 題
★天を見上げ、聖霊に満たされることを祈り求め、星の数ほどの家族となるように(創世記15:5)
★為政者が正しく権威を用いることができるように
★関東宣教区会議のために(10月8日)
★信仰決心者がクリスマスに受洗できるように
★宣教121周年記念大会のために(11月22〜)
★家族や友人が永遠のいのちと洗礼に導かれるように
★青年たちに志・人生の目的が与えられるように
★被災された方々とボランティアのために
★すそ野が広がるように(http://sugito.church.jp/)
★来年60周年を迎える教会の将来のために