MBC 2018 AUTUMN

MBC2018AUTUMN

松原湖バイブルキャンプにて、伝道懇談会、そして松原湖研修会

伝道懇談会:開拓から自立まで
 主講師:中谷美津雄師 生駒めぐみ教会牧師
     神の教会に仕えるしもべに
分科会5 宣教師との協力による開拓
      ジム・ニールセン理事長(TEAM JAPAN)

松原湖研修会:聖書信仰と教会形成
 開会礼拝:聖書信仰を受け取って:水草修治師
      副理事長、苫小牧福音教会牧師、北海道聖書学院教師
 天皇の代替わりと教会:派遣教師 山口陽一師、東京基督教大学学長
 聖書信仰の喜び:菊池実師:八千代聖書教会牧師、東京基督教大学教授
 聖書信仰の中身:水草修治師
 聖会:教会の本質を求めて:趙南洙師、招待キリスト教会牧師
 聖書信仰と教会形成:赤江弘之師:西大寺キリスト教会牧師、教団顧問
          (ステント10本入れてエノクを目指す)
 派遣礼拝:廣瀬薫理事長:東京基督教大学「派遣教師」
      時が良くても悪くてもイエス様に従う

聖書に書かれている通りに信じること、聖書に書かれている通りにまっすぐときあかすことに困難が増している時代。永遠の滅び、さばき、地獄、悪魔、再臨といった聖書の教えは、ほとんど語られなくなっている現実。離婚、再婚、未信者との結婚、ネット倫理、性的少数者、生命倫理、未信者の死、自死、死刑制度の問題などにおいて、聖書信仰の実践は無意識に限定される状況もある。

寺田祐一牧師を天に送って

寺田祐一牧師を天に送って

霞ヶ関キリスト教会の池田勇人牧師に続いて、吉川福音教会の寺田祐一牧師。日本同盟基督教団の関東宣教区において、現役の牧師が天に召されるのはこれで2人目。関東フィールドにおいて親しくさせていただいていた同労者がまた天に行かれたことで、心の空白、喪失感を覚えざるを得ない。

寺田祐一牧師は一級建築士として活躍されていたが、信仰熱心な韓国系アメリカ人と国際結婚なさることによって、キリスト教の牧師へと召された。長い間踏ん切りがつかず、神学校に入学することをためらっていた寺田師。「牧師になるために神学校に行かないならアメリカに帰る」と言う言葉を残し、夫人を乗せた翼はアメリカに向かった。

引き止めることができず、空港から一人ドライブしていた帰り道、彼女がいるはずのない助手席に主イエスがおられることに気づかされ、寺田師は涙ながらにすべてを主イエスに明け渡す祈りをされた。その時寺田師は、設計事務所を辞めて神学校に入学する決心をしたのだ。「今度こそ神学校に入学するからアメリカから帰って来て欲しい。」口先だけでなく心からの決心であることが夫人に伝わり、夫人は日本に帰って来られた。そして神学校在学中から全力で吉川福音教会を開拓なさり、これまで教会を形成されてきた。

日本人と韓国人の違いから突然勃発する大げんか。寺田牧師の家庭には、まさに今日深刻化している日韓問題が存在した。しかしそのような家庭生活を通して、日本人でありつつ夫人を愛するが故に半分韓国人になった寺田牧師だからこそ言える言葉が紡ぎ出された。

「日本人は韓国に謝罪しなければならない。韓国人は日本を赦さなければならない。」

「日本と韓国が和解し協力していくことが日本宣教の希望であり、突破口である。」

日本同盟基督教団においても、今日韓国人の牧師が多く与えられている。日本人と韓国人による宣教協力。そのようなことを日本の牧師が考えてもいなかった何十年も前に、寺田師は一冊の本を執筆して上記のような言葉を発信している。ますます韓国からの宣教師や牧師に頼らざるを得ない日本のキリスト教会の現状において、寺田牧師の言葉は、預言者的響きを持って、日韓両国に真摯に受け止められることを待っている。

http://www.flickr.com/photos/nomachishinri/sets/72157635562676211/