15名の宣教師の内12名は信徒伝道者!

日本同盟基督教団のルーツ、横浜に上陸した15名の宣教師。
その12名は信徒伝道者であった!

渡来した宣教師たちは男子6名、女子9名。そのうち伝道者が3人、あとの12名は信徒伝道者。しかもその殆どが20歳代の若い独身青年男女だったと言うわけである。(日本同盟基督教団史 第一編 23頁より引用)

MBC 2018 AUTUMN

MBC2018AUTUMN

松原湖バイブルキャンプにて、伝道懇談会、そして松原湖研修会

伝道懇談会:開拓から自立まで
 主講師:中谷美津雄師 生駒めぐみ教会牧師
     神の教会に仕えるしもべに
分科会5 宣教師との協力による開拓
      ジム・ニールセン理事長(TEAM JAPAN)

松原湖研修会:聖書信仰と教会形成
 開会礼拝:聖書信仰を受け取って:水草修治師
      副理事長、苫小牧福音教会牧師、北海道聖書学院教師
 天皇の代替わりと教会:派遣教師 山口陽一師、東京基督教大学学長
 聖書信仰の喜び:菊池実師:八千代聖書教会牧師、東京基督教大学教授
 聖書信仰の中身:水草修治師
 聖会:教会の本質を求めて:趙南洙師、招待キリスト教会牧師
 聖書信仰と教会形成:赤江弘之師:西大寺キリスト教会牧師、教団顧問
          (ステント10本入れてエノクを目指す)
 派遣礼拝:廣瀬薫理事長:東京基督教大学「派遣教師」
      時が良くても悪くてもイエス様に従う

聖書に書かれている通りに信じること、聖書に書かれている通りにまっすぐときあかすことに困難が増している時代。永遠の滅び、さばき、地獄、悪魔、再臨といった聖書の教えは、ほとんど語られなくなっている現実。離婚、再婚、未信者との結婚、ネット倫理、性的少数者、生命倫理、未信者の死、自死、死刑制度の問題などにおいて、聖書信仰の実践は無意識に限定される状況もある。

東海聖書神学塾創立30周年記念集会

月曜日の朝4時半、夜明け前の杉戸を後にして車を走らせる。約5分の距離にある圏央道幸手ICから高速に乗る。10月末に白岡菖蒲と桶川北本間がつながったおかげで、海老名JCTまで一気に抜け、東名に入る。御殿場JCTで新東名に入り、三ヶ日JCTで東名に戻る。そして東名を名古屋方面に走り、東名三好ICで下道に降りる。日進市にある栄聖書教会まで休憩を入れて約5時間で到着。お世話になった東海聖書神学塾の創立30周年記念集会に参加することができた。お世話になった先生方や先輩、そして兄弟姉妹に再会することができて本当に感謝だった。

東海聖書神学塾創立30周年記念集会録音データー(クリックで聞けます)

三位一体ペンギン//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

まだ始まったばかり//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

お世話になった先生方//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

教会の主の物語 フロンティアⅢ 30周年記念誌 東海聖書神学塾//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

IMG_8481//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

収穫は多いが働き手が少ない

収穫は多いが働き手が少ない