霞ヶ浦ツーリング2021-09-13

数ヶ月ぶりに、月曜日で良い天気が与えられ、バイクで霞ヶ浦にツーリングに行きました。

霞ヶ浦から筑波山

霞ヶ浦ツーリング

奥鬼怒温泉郷トレッキング2021-08-02

奥鬼怒温泉郷トレッキング2021-08-02

ビーナスラインツーリング with YAMAHA XV250 VIRAGO

ビラーゴ250CCでビーナスラインをツーリング。映像は白樺湖大門峠から車山高原、霧ヶ峰高原を抜け、八島ヶ原湿原、和田峠、扉峠、美ヶ原高原の山本小屋までほぼノーカット。

走行距離=往復421km(高速は使わず)
ガソリン消費量=約13L
平均燃費=約32km/L

  4号 杉戸から幸手権現堂まで
316号 125号バイパスへまっすぐ抜ける。速度注意
125号 加須羽生バイパス、行田バイパス
 17号 深谷バイパス
 23号 17号から254号へ
254号 信州街道、富岡バイパス、荒船山を見上げながら内山峠を超え、下仁田町から佐久市へ、富岡街道、八ヶ岳眺望、佐久平を見渡す快走路
 40号 白樺高原入口から女神湖、そして白樺湖、そしてビーナスライン 大門峠から車山高原を抜けて霧ヶ峰高原へ
194号 霧ヶ峰から和田峠へ
460号&464号 和田峠から美ヶ原へ、そして巣栗キャンプ場へ降る
62号 武石を抜けて152号へ そして有坂から峠越えをして254号に戻る

小鹿野新緑ツーリング2021-05-10

新緑の季節に杉戸町から小鹿野町にツーリングに出かけました。
バイクはヤマハのXV250ビラーゴです。

写真はこちら。https://flic.kr/s/aHsmVCnjLD

房総半島縦断ツーリング2021-04-26

房総半島縦断ツーリング2021-04-26

和解の務め支援会(金煥宣教師を支える会)のご案内

いつもありがとうございます。和解の務め支援会(金煥宣教師を支える会)代表の野町です。

和解の務め支援会は、金煥(キム・ファン)宣教師が、「南アフリカ共和国」において、キリスト教の宣教師として活動する働きを支援することを目的とし、今年の2月1日に設立いたしました。

皆様の祈りに導かれて、先日、和解の務め支援会のゆうちょ銀行口座を無事開設できました。番号と名前は以下の通りです。 

11350-15357961
ワカイノツトメシエンカイ

ゆうちょ銀行口座からこの口座(上記の番号と名前)への送金ですと、手数料は100円です。さらに、ゆうちょダイレクトを用いての送金なら、毎月5件まで送金無料です。

振り込み用紙を用いての送金は手数料が割高になるようなので、ゆうちょ銀行口座を持っておられる方には、上記の送金方法をお勧めしたいと考えています。

他金融機関からの振込の場合は、次の内容をご指定ください。

店名 一三八(読み イチサンハチ)
店番 138
預金種目 普通預金
口座番号 1535796

どうぞよろしくお願い致します。

和解の務め21-1

和解の務め21-1

栄光在主
野町 真理

ルリビタキ

日本で見られる幸せの青い鳥の一種ルリビタキ。早春の筑波山麓にて。

ルリビタキ

警戒体制に入ると毛が逆立ちます。

ルリビタキ

ルリビタキ

ルリビタキ

ルリビタキ

我が家の金魚たち

夏祭りの金魚すくいで、息子が金魚を家に連れ帰って来たのは、昨年夏のことだった。杉戸夏祭りとフレッシュタウンの夏祭りで、それぞれ2匹づつ。合わせて4匹の金魚を飼うことになった。しばらく使わなかった水槽を出してきて洗い、カルキ抜きをした水を入れ、エアフィルターを設置。我が家の中で金魚が泳ぎ回ることになった。

しばらくすると、4匹それぞれの個性が見えてきた。金魚すくいの金魚は皆同じように見えるのだが、実は1匹1匹に個性がある。4匹のうち1匹は最も旺盛に餌を食べ、他に抜きん出て大きくなった。ある時その金魚の顔を正面からじっと見ていると、口元から2本小さなひげが生えていた。なんと金魚の1匹は鯉だった。どおりで生命力が違うはずだ。もう2匹は鮒のような普通の金魚、そしてもう1匹はヒラヒラとヒレが長い小さな金魚だ。鮒のような普通の金魚は同じような色をしているので、双子のようにほとんど見分けがつかないのだが、よく見ると顔立ちや色が微妙に違う。

続く

コンピューターの進歩がもたらす恩恵は、コロナの時代だからこそ輝いている

あなたは、国からいただいた10万円を、どのように使われたでしょうか?私は、16インチMacbook Proの整備品を、オンラインアップルストアにて購入する資金の一部として用いました。2020年5月末のことです。この半年、16インチMacbook Proは大活躍しています。

それまで私が使っていたのは、2012年半ばに製造された15インチMacbook Proでした。当時は円高で、13万円ぐらいで購入できました。自分でメモリを増設したり、ハードディスクをSSDにしたり、バッテリーや電源アダプターを交換したりしながら、約8年間フルに使ってきました。

文章作成、ネットの閲覧、動画再生、プレゼンテーション、表計算といった軽い作業は、今でも快適なのです。けれどもコロナによって、オンライン礼拝のための動画編集やオンラインビデオ会議といった重たい作業がどんどん増え、Macのファンがひっきりなしに回り続ける状態になってしまったのです。

16インチMacbook Proによって、動画編集の時間が劇的に短くなりました。また、オンラインビデオ会議においても、ほとんどファンが回らないで会議に集中できます。これからコンピューターを買われる方には、最近発表されたアップルシリコン(M1)搭載のMacシリーズをお勧めします。コンピューターの進歩がもたらす恩恵は、コロナの時代だからこそ輝いています。