主を待ち望む者は ウクレレ賛美

いのちのことば2017-3

いのちのことば 2017-3

閉塞感を突き破る神の言葉3

閉塞感を突き破る神の言葉<3> 神のことば=出来事
日本同盟基督教団・杉戸キリスト教会牧師 野町真理

『雨や雪が天から降ってもとに戻らず、必ず地を潤し、それに物を生えさせ、芽を出させ、種蒔く者には種を与え、食べる者にはパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。』イザヤ書55章10−11節

「神のことば」を表すヘブル語「ダバール」は、「出来事」とも訳すことができます。神のことばは必ず出来事になるからです。上記のみことばは、そんな神のことばの力強さを教えています。

旧約聖書には、閉塞感に囚われ、神の約束を信じられなかったアブラハムとその妻サラの姿が記されています。創世記17章17節が語るアブラハムは、本音と建前を使い分け、ひれ伏しながら作り笑いをします。信仰の父アブラハムも、閉塞感に囚われて神の約束を信じられなかったのです。夫婦は似てきます。創世記18章12節が語るサラもまた、神の約束を信じられませんでした。ニヒルな笑いが響くサラの心の中は、まるで氷点下です。

厳密な意味で、私たちが信じたとおりにしかならないのなら、閉塞感に囚われた者に救いはありません。静かにあきらめ、ニヒルに笑う仮面の道化師として、行き止まりの路地裏で死ぬ以外に道はありません。アブラハム夫婦がイサクを授かることもなかったでしょう。アブラハムの子孫としてイエス・キリストが来られるクリスマスも、十字架で私たちのために死なれたキリストが復活するイースターもなかったでしょう。

しかし、「神のことば」は、聖書信仰によって「出来事」と訳すことができます。なぜなら聖書に書き記された神のことばは、私たちの閉塞感を突き破って、時が来れば必ず出来事になるからです。アーメン。主イエスの再臨と救いの完成がますます近づいています。閉塞感を突き破る神のことばをしっかりと握りしめ、天を見上げて地上を旅しましょう。

SUGITO GOSPEL CAFE 2016-11-25

杉戸福音喫茶20161125.001

杉戸福音喫茶20161125.003

杉戸福音喫茶20161125.004

杉戸福音喫茶20161125.005

杉戸福音喫茶20161125.006

杉戸福音喫茶20161125.007

杉戸福音喫茶20161125.008

杉戸福音喫茶20161125.009

杉戸福音喫茶20161125.010

杉戸福音喫茶20161125.011

杉戸福音喫茶20161125.012

ただ神の恵みによって

ただ神の恵みによって

野町真理(のまちしんり) 日本同盟基督教団・杉戸キリスト教会牧師

 名前からよく間違われますが、私は女性でもクリスチャンホームに生まれ育ったわけでもありません。24年前私が土佐の高知にいて20歳の時、フィリピンから留学生が来ました。いっしょに食事をし、夜が明けるまで語り合ううちに、異文化の壁を超えて友になりました。彼は土佐言葉で私に福音を語ってくれました。「野町君、心の中に罪を持っちょったら天国に行けんがでー。けんど神のひとり子のイエス様は野町君のために身代わりに十字架に架かって死んでくれたが。ほんでもしイエス様を信じると天国に行けるがやきー。」神などに頼るのは弱い人間のすることだと思っていた私は聞き流していました。しかし三浦綾子さんの塩狩峠を読み、教会に導かれました。

 北海道の塩狩峠で事故がありました。峠越えの最中に連結器が外れ車両が暴走したのです。叫び声の中で一人のクリスチャン青年が立ち上がり、暴走を止めようとしました。しかし列車は止まらず大きなカーブが迫って来たのです。彼は祈って考えました。今このスピードなら、私が列車の前に身を投げて下敷きになれば乗客を助けることが出来る。そして彼は自分の命を犠牲にして乗客を助けたのです。真っ白な雪を彼の血が真っ赤に染めたそうです。涙が止まりませんでした。自分には出来ないことだと思いました。クリスチャンは自分にはない何かを持っているような気がして、聖書を読み始めました。

 聖書には、人間が作った神ではなく、人間をそして全宇宙を造られた唯一の神のことが書かれてありました。まるで本当の自分を映し出す鏡のように、聖書は私の心の中の醜さ、弱さを見せてくれました。神を神とせず、自分は正しいとして人を見下し、裁き、結局自分のことしか考えていない自己中心な自分に絶望しました。しかし神様からのラブレターと呼ばれている聖書にはこう書かれてあったのです。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」 旧約聖書イザヤ書43章4節

 私を造りデザインされた神なら、すべてをお見通しのはずです。けれどもこんな私を高価で尊い存在として愛しておられることがわかったのです。そしてイエス様を十字架につけて殺したのは他の誰でもない、私であることに気がついたのです。イエス様は私の罪から来る報酬である死を身代わりに受けてくださり、永遠いのちそのものである神と結びついて生きることが出来るようにしてくださったのです。十字架につけられた後、3日目によみがえって今も生きておられるイエス様に出会ったとき、私はイエス様を心に受け入れるお祈りをして永遠のいのちをいただきました。私のいっさいの努力に関係なくただ神の恵みによって。

聖書は「老人」について何を教えているのか?

★聖書は「老人」について何を教えているのか?

Lev. 19:32 あなたは白髪の老人の前では起立し、老人を敬い、
      またあなたの神を恐れなければならない。 わたしは【主】である。

Prov. 17:6 孫たちは老人の冠、子らの光栄は彼らの父である。

Is. 65:20 そこにはもう、数日しか生きない乳飲み子も、寿命の満ちない老人もない。
  百歳で死ぬ者は若かったとされ、
  百歳にならないで死ぬ者は、のろわれた者とされる。

Acts 2:17 『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
   すると、あなたがたの息子や娘は預言し、
   青年は幻を見、老人は夢を見る。

HOPE TO THE WORLD

HOPE TO THE WORLD

バイブルフォト イザヤ40

バイブルフォト イザヤ40

疲れた者に優しく語られた生き方の処方箋

疲れた者に優しく語られた生き方の処方箋

イースター歓迎礼拝メッセージ「勝利者なる神」

勝利者なる神

イースター歓迎礼拝メッセージ「勝利者なる神」(クリックで聴けます)

聖書箇所:イザヤ53章10−12節

彼(イエス・キリスト)は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。イザヤ53章11節

イエス・キリストは、勝利者です。主イエスが勝利者であるということを、順番に考えてみましょう。

1、死に打ち勝たれた勝利者

 私たちのため十字架で死なれたイエス・キリストは、墓に葬られよみにくだられましたが、3日目(日曜日)によみがえられ、今も生きておられます。イエス・キリストは、死に勝利されたのです。主イエスを信じる時、私たちも死に勝利することができます。その時、死は終わりではなく、新しいいのちの始まりとなります。

2、悪魔に打ち勝たれた勝利者

 イエス・キリストは、私たちのすべての罪を背負って十字架で死なれ、復活されたことを通して、悪魔に勝利されました。主イエスを信じる時、私たちも悪魔に勝利することができます。

3、罪(虚偽、高慢、怠惰)に打ち勝たれた勝利者

 イエス・キリストは、罪(虚偽、高慢、怠惰)に打ち勝って十字架で死なれました。それは私たちのすべての罪を十字架に釘付けにし、葬り去るためでした。主イエスを信じる時、私たちも新しく生まれて、罪に勝利することができます。

イースター(復活祭)歓迎礼拝式のご案内

2011イースター歓迎礼拝案内

日時:2011年 4月24日(日)第4主日 イースター歓迎礼拝式
   ★第一礼拝・・・・・・・午前10時半~12時 
   ★第二礼拝・・・・・・・午後8時~9時
    聖書箇所:イザヤ章53章10節-12節
    説教題:「勝利者なる神」
    説教:野町真理(日本同盟基督教団・杉戸キリスト教会牧師)

   ★スマイルキッズ(幼児・小学生向け)午前9時~(第一週は第一礼拝に合流)
   ★Jesus Junior(中高生から青年向け)・午後3時~

どなたでもお集いください。初めての方も大歓迎です。

uiyyeyyeunaith.jpg