召天者記念礼拝式・復活祭出店のご案内

イースター召天者記念礼拝メッセージ「死は終わりではない」

イースター召天者記念礼拝メッセージ「死は終わりではない」(クリックで聴けます)
聖書箇所:ヨハネ福音書11章1ー46節

17 それで、イエスがおいでになってみると、ラザロは墓の中に入れられて四日もたっていた。 18 ベタニヤはエルサレムに近く、三キロメートルほど離れた所にあった。 19 大ぜいのユダヤ人がマルタとマリヤのところに来ていた。その兄弟のことについて慰めるためであった。 20 マルタは、イエスが来られたと聞いて迎えに行った。 マリヤは家ですわっていた。 21 マルタはイエスに向かって言った。 「主よ。もしここにいてくださったなら、 私の兄弟は死ななかったでしょうに。 22 今でも私は知っております。あなたが神にお求めになることは何でも、 神はあなたにお与えになります。」23 イエスは彼女に言われた。「あなたの兄弟はよみがえります。」 24 マルタはイエスに言った。「私は、終わりの日のよみがえりの時に、彼がよみがえることを知っております。」25 イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。26 また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」 27 彼女はイエスに言った。「はい。主よ。私は、あなたが世に来られる神の子キリストである、と信じております。」ヨハネ福音書11章17−27節

2012イースター召天者記念礼拝

2012イースター召天者記念礼拝
死者を生かす神
杉戸キリスト教会地図

真理によって(召天者合同記念礼拝式メッセージ)

08杉戸キリスト教会召天者合同記念礼拝

礼拝メッセージ「真理によって」

聖書箇所:ヨハネ福音書14章

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。ヨハネ福音書14:6

方向を指し示すコンパス(方位磁石、羅針盤)を持たず、現在位置を知ることができる地図もGPSも持たず、自分の方向感覚や位置感覚だけに頼って山や海を旅する。それはとても危険な行為です。霧や暗闇、嵐などによって視界がきかなくなったら大変です。ルートから外れると、滑落や座礁の危険が高まり、最悪の場合はいのちを失うことになります。

しかし多くの現代人は、コンパスも地図も持たないまま、人生という過酷な旅を続けています。山あり谷あり。荒野、砂漠、大河あり。子育て、介護、闘病あり。この人生という旅において、約束の地、天の都、天国にたどり着くためには、目指すべき方向と現在位置を示すコンパスと地図が必要です。

人生において、目指すべき方向と現在位置を示すコンパスであり地図。それが聖書です。聖書は、北極星のようなイエス・キリストを指し示しています。道、真理、いのち。天国に至る唯一で確かなルート。それがイエス・キリストというお方です。

ですから、聖書の権威を受け入れ、聖書の真理を自分のものとし、聖書の原則を自分に適用することを心がけましょう。真理はあなたを自由にし、やがてあなたをキリストに似た者に造り変えます。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

召天者記念礼拝メッセージ「神の心願成就」

07杉戸キリスト教会召天者記念礼拝式

召天者記念礼拝メッセージ「神の心願成就」

聖書箇所:ルカ福音書11:1-13

だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。…マタイ福音書6章9-10節

「みこころ」とは天の父なる神が願っておられること(神の心願)です。みこころが行われる所は神の国となります。ですからルカ福音書の主の祈りでは、みこころに関する祈りは省略されています。

私たちは、みこころよりも自分の願いがかなえられることを切に願っていないでしょうか?けれども、人は道なりにしか進めず、道を備えられるのは主です。主はすべてのことを御手の中で統べ治めておられます。ある時には通行止めにされ、ある時には迂回路を設けられる。そのように万事を益に変え、私たちの歩みの一歩一歩を、みこころにかなった最善の道に導いてくださっているのです。

『天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。(イザヤ55:9)』とあるとおりです。

先は見えません。恐れや不安があります。けれども大丈夫だと主は語って下さっています。なぜなら、すべてをご存知で、すべてを統べ収めておられる主イエス様が、私たちと共にいてくださり、半歩先に立って、私たちを最善の道へと導いてくださっているからです。