何も考えず自転車で出かけなさい

「気分が落ち込んでいるとき、暗く感じる日、仕事が単調に感じるとき、希望が持てないとき、ほかの事は何も考えずに自転車で出かけなさい。」by アーサー・コナン・ドイル

ARAYA Federal

海から57.75km

関宿城サイクリング

ARAYA Federal

江戸川サイクリングロード

ARAYA

通信販売で長崎県島原市の自転車屋さん(自転車生活課ゆう-廣瀬商会)にて自転車を買いました。ARAYAのFederalという自転車です。

ハンドル、前輪、サドルを外した状態で送られて来ましたので、自分でなんとか組み立てました。

その後、杉戸サイクルに行って、防犯登録と一緒に点検整備していただきました。
素人が組み立てたので、案の定、危ない箇所があったとのことで一安心でした。
杉戸愛児園の1期生とのことで、クリスマスの案内LOVE SUGITOのパンフレットをお渡ししました。

人生を導くクリスマス2019

キリストの処女降誕について

Annunciation_(Leonardo)_(cropped)

無から天地万物を創造された聖書の神。土地のちり(アダマー)で人を形造り、その鼻にいのちの息・聖なる神の霊(聖霊)を吹き込まれ、生きる人間(アダム)を創造された神。髪の毛や全ての細胞の中に、DNA・遺伝子・精巧な人間の設計図をデザインなさり、人間を男と女とに創造された主なる神にとって、不可能なことは何もありません。人間のデザイナーでありメーカーである神は、マリアがまだ男の人を知らず、男性と性的な関係を持たなくても、マリアを聖霊によって受胎・妊娠させることが可能だったのです。

Christmas

Christmas

Christmas

What is Christmas

降誕祭

The Nativity

The Nativity

The Nativity

The Nativity

HOPE TO THE WORLD

HEART OF CHRISTMAS

HEART OF CHRISTMAS

LOVE SUGITO

忙しすぎてクルシミマスになりやすい

忙しすぎてクルシミマスになりやすい

どの職場でもそうだと思うが、牧会伝道の現場はまるで戦場のようだ。特にクリスマスの時期は、忙しすぎてクルシミマスになりやすい。

2016年のクリスマスは、クリスマス前後に90歳と97歳のご夫妻が相次いで天に召された。22日(木)午後、クリスマスプレゼントを持って病院に行くと、既にお父様は召されていた。ご遺体と一緒に24日(土)夜にクリスマスイブ礼拝、25日(日)にクリスマス礼拝と祝会、そして夕礼拝を行い、眠りに就いた。

けれども、26日(月)の午前1時ぐらいに携帯電話の呼び出し音が鳴り、お母様危篤の知らせを受けた。真夜中息子さんと一緒に車で病院に駆けつけ、そして看取る。朝まで葬儀の打ち合わせなどをして、27日(火)にご夫妻一緒に葬儀を行い、順番に火葬することになった。

さらに代務教会の会員で遠隔地におられるおばあちゃんも天に召されてしまった。遠隔地なので、さすがにそのおばあちゃんの葬儀は近隣の牧師先生に依頼した。

そんなこんなで1月1日の新年礼拝が終わるまで、ジェットコースターに乗ってノンストップのような状態だった。

牧師家族の冬休み1日目

けれども、新年礼拝の後、予定していた2日からの冬休みが取れそうな状況になり、家族でゆっくりと時を刻むことができた。

自分らしく時を刻む。これは昨年からの1つのテーマ。

2日月曜日、荷物をまとめ、車に積み込み、そして牧師館兼教会堂を後にする。

幸手ICに乗る前に、すでに昼になっていたので、カスミに寄ってランチを買い、食べながら出発。

圏央道から東北道、そして外環から首都高へと入り、トンネルを抜けてアクアラインを目指す。

かなりの渋滞の中、海ほたるで一休み。

千葉に渡ってからは道路もすいて、のんびりドライブ。

目指すは館山サンセットユースホステル。

子どもを授かる前には、夫婦二人でよくユースホステルを利用したが、子どもを授かってからは初めてのユース利用。

サンライズではなく、サンセットという言葉を用いているからには、きっと夕陽がきれいなのだろう。

アクアラインの渋滞でかなり到着が遅れ、夕方5時過ぎに到着。初日は既にサンセット後で残念。

館山サンセットユースホステル

ここのユースは朝食しか出ないので、夕食を求めて改めてコンビニに向かう。

とにかく無事に宿泊場所にたどり着けたことに感謝。

完全に暗くなる前だったので、見落としやすい案内看板をたどって、細い道を抜けて、運転お疲れさまでした。

家族でお風呂に入り、ベッドで横になりながら聖書を読み、神学書を読み、そしておやすみなさい。

明日から房総半島をまわるのが楽しみ。

牧師家族の冬休み2日目

館山での目覚め。

ユースのペアレントさんが作ってくださったおいしいおせち朝食を食べる。

息子はいつものお母さんの味とは違うので、ちょっと食べれないものが多い。

かまぼこ、たつくり、くりきんとん、なます、昆布巻きなどなど。ごちそうさまでした。

朝ごはんを食べた後、まずは海を目指して出発。

早速袋小路にはまり、Uターンしながら地元の方に道を聞き、そして海へ出る。

房総フラワーラインと呼ばれる道をドライブする。

天気は晴れ。最高だ!

フラワーラインの道沿いには、菜の花がずっと咲いていて、もう春のような気持ちになる。

房総フラワーラインの菜の花

フラワーラインから漁港に入り、さらに海沿いを走る。

赤いアロエの花と青い海と空が美しい。

アロエの花と海と空

遠くに富士山も見えた。

房総半島から富士眺望

漁港を通り越して細い道を進み、そして歩いて海辺に出る。

海辺にて

夏に関東宣教区プロジェクトが予定されている伊豆大島も眺望できる。

伊豆大島眺望

しばらく海辺で遊ぶ。

海辺の子ども

海辺のサーファーがかっこいい。

海辺のサーファー

そして野島岬、房総半島最南端へ

房総半島最南端の地

房総半島最南端にて

野島岬より太平洋眺望

館山サンセットユースホステルより

館山サンセットユースホステルの星空

シーサイドワインディング

房総フラワーライン

・・・続く

キリエ KYRIE 宗教詩集より教会暦

キリエ KYRIE 宗教詩集
ヨッヘン・クレッパー 著
富田恵美子・ドロテア 富田裕 訳
キリエ宗教詩集 ヨッヘン・クレッパー
p34-37より

教会暦

あなたは星としてわたしたちの上にのぼり、
初めから輝きとして近づかれた。
わたしたちは闇に包まれていたが、
突然に道を見出した。
雲間から射す光の後を
わたしたちは胸を弾ませてついて行った。
長い旅路の終わりに
あなたは馬屋でわたしたちに休息を与えた。
藁と飼い葉桶が示したものを、
ただただ驚きのうちに掴んだ。
描き出された約束ではなく、
その約束は果たされていた。
そして、飼い葉桶と星と羊飼いたちの上に
あなたの山ゴルゴタの山が聳えたち、
道に迷った人たちの目前に
闇の中からあなたの十字架が浮かび上がった。
わたしたちのためにあなたが死んだ十字架の立つところで、
わたしたちは信じた。
岩に穿たれた墓の前に
堅い、重い石が置かれた。
翌朝、香油を塗るためにやって来て
わたしたちが目にしたものは、ただあなたの屍衣。
いかなる岩もあなたの道を阻むことなく、
わたしたちは、主よ、あなたに立ち帰り、ついて行った。
あなたの脇腹に開いた傷に
あなた自らがわたしたちの手を取って触れさせた。
そしてあなたと別れる時まで
あなたの傍においてパンと葡萄酒でもてなした。
あなたを天に引き上げた雲は、
私たちを恐れと恥から解き放った。
鳩のように、光の降り注ぐ中を、
あなたはそっと降りて来られた、
わたしたちに炎の輝きを注ぎ、
残された者たちに賜物をお与えになった。
天が開かれ、
あなたがわたしたちに祈りを授けられた。
星と飼い葉桶、十字架と鳩を通して、
岩と雲、パンと葡萄酒を通して
たゆまずわたしたちの信仰は
ひたすら御言葉の深みに入りゆく。
飛び去るわれらの時代にも、
あなたの到来を見ない年月はない。

クリスマス 万年筆を 走らせて

クリスマス 万年筆を 走らせて

夕暮れ時に光がある

夕暮れ時に光がある
クリスマス礼拝とイブ礼拝のご案内表
クリスマス礼拝とイブ礼拝のご案内裏
MAP OF SUGITO CHRIST CHURCH