礼拝メッセージ「神の御名」

礼拝メッセージ「神の御名」

聖書箇所:出エジプト記20章1-17節

あなたは、あなたの神、主の御名を、みだりに唱えてはならない。主は、御名をみだりに唱える者を、罰せずにはおかない。出エジプト記20章7節

ドイツのリュ-ベックという古い港町にある教会堂に、以下の言葉が刻まれているそうです。「われらが主キリストはかく宣う」という題です。

汝ら 我を主 と呼べど 我に従わず、
汝ら 我を光 と呼べど 我を仰がず、
汝ら 我を道 と呼べど 我に倣わず、
汝ら 我を命 と呼べど 我を望まず、
汝ら 我を智者と呼べど 我に学ばず、
汝ら 我を無垢と呼べど 我を愛せず、
汝ら 我を富者と呼べど 我を求めず、
汝ら 我を永遠と呼べど 我を尋ねず、
汝ら 我を仁者と呼べど 我に来らず、
汝ら 我を貴人と呼べど 我に仕えず、
汝ら 我を強者と呼べど 我を崇めず、
汝ら 我を義人と呼べど 我を懼れず。
かるがゆえに我、汝らを責むとも 我を咎むな。

呼んでいる御名にふさわしく生きることを、主は切に求めておられます。御名をみだりにとなえるなら、御名が辱められるからです。そのために、主に寄りすがる祈り、天を見上げて聖霊に満たされる祈りがどうしても必要です。私たちが聖霊に満たされて生活の場に遣わされる時、信仰告白に生き、言動が一致している私たちを通して、主の御名があがめられます。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

新年礼拝メッセージ「神のビジョン」

新年礼拝メッセージ「神のビジョン」

聖書箇所:創世記15章1-6節

さあ、天を見上げなさい。星を数えることができるなら、それを数えなさい。…あなたの子孫はこのようになる。創世記15章5節

神のビジョンは、心の救いに留まりません。神のビジョンは、一市町村やこの国の救いに留まりません。神のビジョンは世界大であり、宇宙大です。使徒パウロが「被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしている(ローマ8:22)」と表現しているとおりです。

天を見上げるということは、宇宙を見上げるということです。光さえ私たちの目に届くのに時差が生じるほど壮大な空間が、天には広がっています。太陽の光は、約8分かかって地球に届いています。私たちが太陽を見る時、約8分前の過去を見ています。オリオン座の場合は、約1600年前の光です。

かつて主は、信仰の父アブラハムに、上記のみことばを語られました。アブラハムはこの主のみことばを信じ、主はそれを彼の義と認められました。アブラハムの子孫、ダビデの子孫として降誕された主イエス・キリストを信じることによって義と認められた私たちにも、このみことばは語られています。

その主イエスの大宣教教育命令を記します。

「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイ福音書28:18-20)

杉戸キリスト教会に、星の数ほどの老若男女が満ちあふれることを夢見つつ、その夢をかなえるために、聖霊に満たされることを互いに祈り求めましょう。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

礼拝メッセージ「シメオンとアンナー聖書が語る魅力的エイジング」

礼拝メッセージ「シメオンとアンナー聖書が語る魅力的エイジング」

聖書箇所:ルカ福音書2章22-40節

剣があなたの心さえも刺し貫くでしょう。
それは多くの人の心の思いが現われるためです。
ルカ福音書2章35節

シメオンとアンナ、二人に共通することがあります。

1、二人は年をとっていたが、使命に生きていた

シメオンはイスラエルの慰められることを待ち望んでいました。シメオンは主のキリストを見るまでは、決して死なないと、聖霊のお告げを受けていましたが、幼子イエス様を抱いて、「今こそ安らかに去らせてくださいます」と神をほめたたえました。


アンナは84歳になっていましたが、宮を離れず、夜も昼も、断食と祈りをもって神に仕えていました。

2、二人は待ち望んでいたキリストを見て応答した

二人とも、主キリストとして来られた幼子イエス様を、信仰の眼ではっきりと見ることができました。

その時、シメオンは神をほめたたえ、両親を祝福し、母マリヤに上記のみことばを語りました。

アンナは感謝をささげ、エルサレムの贖い(代金を払って買い戻されること)を待ち望んでいるすべての人々に、この幼子のことを語りました。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

キャンドルライトサービスメッセージ「聖夜」

candle light service in sugito

キャンドルライトサービスメッセージ「聖夜」

rousoku.gif

聖書箇所:ルカ福音書2章1-21節

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

クリスマス礼拝メッセージ「希望の訪れ」

oiomanger.jpg

クリスマス礼拝メッセージ「希望の訪れ」

聖書箇所:ルカ福音書2章1-21節

「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」ルカ福音書2章10-12節

今日本にないものは何でしょうか。それは希望です。健康問題、生活問題、家庭問題などで、生きる希望、将来に対する希望が持てないので、1998年以降、平均すると毎日80人以上の人々が、この国のどこかで、自らいのちを絶っています。

希望がない所には暗雲が広がります。光さえ暗くなる、閉塞感という名の、気が滅入ってしまう黒雲。それが今、この国を広く覆っています。

けれども、黒雲の向こう側には、澄み切った青空があり、太陽が輝いています。そして黒雲のこちら側で、一人で苦しんでいるあなたの傍らには、共に苦しんでいてくださる希望の神がおられます。どんなに望みが絶たれ、神に見捨てられたとしか思えないような時にも、そこに希望の神がおられます。

そのような希望の神が、肉体をもってこちら側に降誕されたのが、世界で最初のクリスマスでした。希望の訪れのしるしは、「飼葉おけに寝ておられるみどりご」でした。望みは光よりも早く将来を先取りし、やがて暗雲を跡形もなく消し去ります。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

礼拝メッセージ「マリヤの讃歌」

礼拝メッセージ「マリヤの讃歌」

聖書箇所:ルカ福音書1章39-80節

主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。ルカ福音書1章45節

不信仰の故に、しかし主によって語られたとおり、祭司ザカリヤは一言もしゃべることができないで、お腹が大きくなる妻エリサベツと共にいました。その時、神の御手に人生をゆだねたマリヤが、ザカリヤ夫妻を訪ねました。聖霊に満たされたエリサベツが、大声でマリヤに語ったのが上記のみことばです。

本当に幸いな人とは、「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人」だと語られています。「主によって語られたこと」とは、主を恐れかしこむ者、低い者、飢えた者が高く引き上げられ、高ぶっている者、権力ある者、富む者が引き降ろされるという大どんでん返しです。

このことは旧約聖書の時代からずっと語られていることです。マリヤはそれを今、身をもって体験しているのです。主は取るに足らない私のような者に目を留めて、大きなことをして下さった。低い者が高く引き上げられた。だからマリヤは、心から主をあがめて讃歌を歌い、自分は本当に幸せ者だと喜んでいるのです。

主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人が本当に幸いである理由。それは、今すでにその大逆転が始まっていて、将来それが完成に至るからです。人間の不信仰を超えて、全能の神が語られたことは、時が来れば必ず実現するからです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

礼拝メッセージ「クリスマスの足音」

CHRISTMAS IN SUGITO (JAPAN)

礼拝メッセージ「クリスマスの足音」

聖書箇所:ルカ福音書1章1-38節

ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」ルカ福音書1章20節

ルカ福音書1章には、祭司ザカリヤと彼の妻エリサベツ、御使い、そしてキリストの母とされるマリヤが登場します。エリサベツは不妊の女でしたが、全能の神によって身ごもり、バプテスマのヨハネの母とされました。ザカリヤ夫婦に子どもが与えられる経緯を通して、全能の神がどのようなお方かを知ることができます。

ザカリヤは不信仰の故に、神の言葉が出来事になるまでものが言えなくなりました。しかし神の約束の言葉は、人間の不信仰を超えて、その時が来れば実現しました。厳密な意味で私たちが信じたとおりにしかならないのなら、全能の神の素晴らしいご計画はだめになるでしょう。この世界のすべてを再創造するという神の壮大なご計画は凍結し、私たちは滅んでいくことでしょう。

しかし全能の神のことばは、人間の不信仰を超えて、時が来れば必ず出来事になるのです。「神のことば」を「出来事」と訳すことが出来る理由がここにあります。喜びと希望をもたらすクリスマスの足音は、人間の不信を超えて近づきます。そして、神を信頼して人生を明け渡すマリヤのような人を、全能の神は豊かに用いられるのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

MISSION TRIP TAIWAN「When Love comes to the town 愛が町に来た時」

MISSION TRIP TAIWAN「When Love comes to the town(愛が町に来た時)」

聖書箇所:ルカ福音書19章1-10節

看哪!我站在門外敲門;如果有人聽見我的聲音就開門的,我要進到他那裡去,我要跟他在一起,他也要跟我在一起吃飯。

「お金があれば何でも出来る」、「もっとお金があれば幸せになれる」。 そんなことを私たちは考えてしまうのではないでしょうか? けれども、よく考えてみると、世の中にはお金で買えないものがたくさんあることがわかります。本当の友達、本当に自分を愛してくれる人、本当に自分のことを大切にしてくれる人、健康、平安、安眠などなど…。実は本当に大切なものは、お金では買えないのです。 聖書の中にザアカイという名前の人が登場します。ザアカイは取税人のかしらで金持ちでしたが、孤独の中をひとりぼっちで生きていました。

キセル、わいろ、恐喝、詐欺。現代に生かされている私たちも、お金に関わる事件を毎日のように耳にします。また、保険金目当ての殺人なども起こっています。お金のために、人を裏切り、だまし、殺すという罪にまみれた生き方をしている人が、やはり多いように感じます。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もありますが、お金目当てで利用し、利用されるだけの付き合いも多くあります。本当の友、本当に自分を受け入れてくれる人、本当に自分を愛してくれる人がいない殺伐とした中で、今も多くの人が、お金のために不幸な人生を歩んでいます。あなたはどうでしょうか?お金持ちでもそうでなくても、本当の幸せに生きる道があることをご存知でしょうか?

イエス・キリストは、あのエリコの町のザアカイの所に来て下さったように、あなたの住んでおられる町、あなたの家にも来てくださるお方です。イエス様は、あなたを捜して救うために、あなたの所に足を運んでくださるお方なのです。 なぜなら、イエス様はあなたを愛しておられるからです。いのちをかけても惜しくないというあなたへの愛を、イエス様はあの十字架の上で最高に表わしてくださいました。イエス様は私たちの罪のために、十字架でいのちを投げ出してくださいましたが、3日目に復活されて、今も生きておられるお方です。

「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」と、イエス様はおっしゃいました。人の子とはイエス様がご自分のことを指してよく使われた言葉です。天地万物を創造されたまことの神であるイエス様は、私たちの造り主です。そして私たち人間は、この造り主なる神様に背を向けて罪の道を歩み続けています。けれどもその造り主なる神、イエス様は、失われた人を捜して救うために、肉体を持った人間となって、あなたの所に来て下さったのです。イエス様がこの世に来て下さった理由は、失われたあなたを捜して救うためだったのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

Mission Trip TAIWAN

ミッショントリップ台湾 Mission Trip Taiwan

祈りによって台湾に派遣され、祈りによって日本に無事帰還することができました。感謝します。

今回の旅は、北部、中部、南部の3チームに分かれて各地域の教会を訪問し、奉仕と交わりの時が与えられました。主日にそれぞれの地域教会で共に主を礼拝することができたのが最高の喜びでした。

私は中部チームとして台中を訪問し、齋藤宣教師ご家族と親しいお交わりの時が与えられました。北台中教会、ワイプ教会、愛家(アイジャ)教会を訪問することができました。

木曜:夕方に台北YMCAに到着、夕食後、顔合わせとチームごとのミーティング。

金曜:朝に車で台中に向かいました。途中新幹線が横を走り抜けていきました。昼は鹿港(ルーガン)を訪れ、夜に北台中教会を訪問しました。鹿港では古いお寺を訪れました。台湾人は非常に宗教心が厚く、真剣に拝んでいる姿が印象的でした。その後古い町並みを食べ歩き、鹿港民俗文物館を見学しました。民俗文物館は台湾の名門のお屋敷で、この世の栄華を極めたような装飾や骨董品などが印象的でした。てんそく用の小さな靴も展示されており、男尊女卑の旧習を覚えました。

土曜:午前はワイプ教会を訪れ、伝道集会で奉仕しました。お金持ちであったけれども幸せでなかったザアカイを訪ねたイエス様のお話をしたのですが、日本以上に拝金主義だということで、メッセージが集まった人たちの必要にマッチしていたようです。午後にキャンプ場見学、休憩、夕食の後、夜は愛家教会の青年集会に集うことができました。祈りと賛美に溢れた元気な集会でした。クリス・トムリンの曲などを熱く賛美してました。日本の地図をホワイトボードにササッと書いて、日本のために祈っている青年たちに感動しました。

日曜:愛家教会の礼拝式に参加。賛美と祈りの中で、天に突き抜けるような聖霊の感動を覚えることのできた素晴らしい礼拝でした。愛餐会の後、荷物をピックアップして台北に向かいました。台北では夕食を食べながらそれぞれのチームの報告と分かち合いがなされ、数え切れない恵みを少しだけ数えました。台湾人は日本人に対してとても親切で、終始暖かいもてなしを受けることができました。

台中は南北へと向かう交通の要所であり、かつおいしい果物が豊富なので、本当にエリコのような町だなと感じました。台湾バナナ、ドラゴンフルーツ(火龍果)、スターフルーツ(楊桃)、スイカ、パイナップル、オレンジ、柿、蓮霧(リエンウー)などなど、ほんとにおいしかったです。謝謝!

また、台湾の教会も、日本の教会と同じように、様々な痛みや苦しみを味わっていることを覚えることができました。ですから、1コリント 10:13 のみことば、『あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。 』が心に浮かんできました。

礼拝メッセージ「偶像のむなしさ」

礼拝メッセージ「偶像のむなしさ」

聖書箇所:出エジプト記20章1ー17節

あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。・・・それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。出エジプト20章4-6節

ある時私は、相手が浮気をしても怒らない人がいるのを知って大変驚きました。あなたの彼氏や彼女、あなたの伴侶が、あなた以外の人と親しくし、浮気をしていることを知ったら、あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

その時あなたが本気で怒るとすれば、その反応こそが、あなたが相手を本気で愛しておられる証拠です。相手が浮気をしても怒らないということは、相手を愛していない証拠です。

結婚は人と人との契約ですが、十戒は主なる神とあなたとの契約です。結婚の誓いと同じように、十戒は誓いの言葉です。結婚の際に、「あなたは自由に浮気をしてもいいです」などと誓う人はいません。「どんな時にも、変わらない愛をもって、生涯あなただけを愛します」とお互いが誓うのです。

主なる神は本当にあなたを愛しておられるので、あなたが他の神々(偶像)と浮気をすれば、ねたみ、本気で怒られるのです。なぜなら浮気とは、相手を憎み、相手を裏切る行為だからです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら