新約聖書が語る主イエス

新約聖書が語る主イエスは、一言で言えば、エホバの証人が証言するような「最も偉大な人間」ではありません。新約聖書が語る主イエスは、明らかに全てが、私たち人間とは質的に違います。まるで天と地の違いのように。そのような質的な違いが認識されていなければ、新約聖書が語っている啓示のメッセージを本当に聞いていることにはならないでしょう。

新約聖書が語る主イエスは、私たち人間を断罪しつつ、しかも解放する全権を持っておられるお方です。また、私たちを御許に召すと共に、御自身に結びつける全権を持っておられるお方です。そして、人間があらゆる宇宙的制約を持っているのに対して、宇宙的全権を持っておられるお方。主イエスとならんでは、他に先行者も後続者もない救い主・キリスト。すなわち「神の行為」であり「終末的な救いの出来事」であるお方です。主イエスは、「人間になられた神」であられ、万物を創造し、万物を支えておられる「神の言葉」です。

礼拝メッセージ「真のしもべ」

礼拝メッセージ「真のしもべ」

聖書箇所:マルコ福音書10章35ー45節

あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、みなのしもべになりなさい。人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。マルコ福音書10:44-45

キリストの降誕(クリスマス)を覚え、キリストの再臨を待ち望むアドベント(待降節)を迎えています。なぜキリストは、降誕なさったのでしょうか。上記のみことばは、その理由を2つ語っています。

1、仕えられるためではなく、仕えるため

 仕えられるためではなく仕えるために、主イエス・キリストは降誕されました。主イエスは、あなたのしもべになって、仕えてくださったのです。

2、贖いの代価として、自分のいのちを与えるため

 私たちを救うために、主イエス・キリストは降誕されました。贖いの代価とは、あなたを救うために神が支払ってくださったものです。それはご自分のいのちでした。あなたのためにいのちを与える。そのために主イエス・キリストは、降誕なさったのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

礼拝メッセージ「神に喜ばれる礼拝」

礼拝メッセージ「神に喜ばれる礼拝」

聖書箇所:マルコ福音書12章28ー34節

イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』マルコ福音書12:29-30

主イエスは良きサマリア人のように、心、思い、知性、力を尽くして神に敵対するあなたを愛し、あなたのために献身し、十字架の苦しみを通って復活されました。先行する神の恵みに応答し、神に喜ばれる礼拝をささげるため、以下のことを覚えましょう。

1、心(ハート)を尽くして、主を愛せよ
 心ここにあらずでなく心を込めて、真心から、本気で礼拝することを神は喜ばれます。

2、思い(ソウル)を尽くして、主を愛せよ
 魂の叫びとして、情熱的に、感情を込めて礼拝することを神は喜ばれます。

3、知性(マインド)を尽くして、主を愛せよ
 思考を停止させず頭でよく考えること。正しい神観と教理をもって礼拝することを神は喜ばれます。

4、力を尽くして、主を愛せよ
 自分のからだを生きた供えものとしてささげる、実際的で能動的な礼拝を神は喜ばれます。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら