礼拝メッセージ「クリスチャン」

礼拝メッセージ「クリスチャン」

聖書箇所:使徒の働き11章19ー30節

弟子たちは、アンテオケで初めて、キリスト者と呼ばれるようになった。使徒の働き11章26節

エルサレムの迫害によって、使徒たち以外の者はみな、諸地方に散らされました。人々はフェニキヤ、キプロス、アンテオケまでも進んで行きましたが、ユダヤ人以外の者には、福音を語りませんでした。

ところが、その中にキプロス人やクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからは、ギリシヤ人にも語りかけました。主の御手が彼らとともにあったので、大ぜいの人が信じて主に立ち返りました。

この知らせがエルサレム教会に聞こえた時、彼らはバルナバをアンテオケに派遣しました。バルナバは神の恵みを見て喜び、みなが心を堅く保って、常に主にとどまっているようにと励ましました。

バルナバはサウロを捜しにタルソへ行き、サウロをアンテオケに連れて来ました。そして一年間、彼らはアンテオケ教会に集い、人々を教えました。

その結果弟子たちは、アンテオケで初めてキリスト者(クリスチャン)と呼ばれるようになりました。大ききんの際、アンテオケ教会のクリスチャンたちは、それぞれの力に応じて、ユダヤに住んでいる兄弟たちに救援物資を送りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です