礼拝メッセージ「それは冗談のように」

礼拝メッセージ「それは冗談のように」

聖書箇所:創世記19章1ー29節

そこでロトは出て行き、娘たちをめとった婿たちに告げて言った。「立ってこの場所から出て行きなさい。主がこの町を滅ぼそうとしておられるから。」しかし、彼の婿たちには、それは冗談のように思われた。創世記19:14

「ターミネーター」とは、「何かを終わらせる者」という意味の言葉です。いのちを終わらせるということなら「殺す者」とか「中絶する者」。雇用を終わらせるということなら「解雇する者」となります。

人間は恐ろしいターミネーターになり得ます。それは、人間が神のようになろうとして一線を越える時に起こります。人間が一線を越えるその時、人は自分の心の中で、まず神を殺します。そうすると、自分にとって都合の悪いものはすべて抹殺しようとする、恐ろしいターミネーターの誕生となります。

しかし聖書は、すべてをご自分の栄光のために創造し、すべてを始められた主なる神こそが、すべてのものを終わらせることのできる真のターミネーターであると語っています。

主なる神の厳粛な裁きや世の終わりについて真剣に語っても、神を恐れない人には、それは冗談のようにしか聞こえないでしょう。しかし聖書は、「この天地は滅び去る。人間には一度死ぬことと死後に神のさばきを受けることが定まっている。だから、あわれみ深い神の御腕の中に逃れよ!」と警告し続けています。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です