礼拝メッセージ「共同体を育てる」

礼拝メッセージ「共同体を育てる」

聖書箇所:エペソ人への手紙4章

召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。エペソ4:1-3

神の共同体を育てるためには、神の御力とともに、
以下のような私たちの努力が必要です。

1、共同体を育てるには、正直さが必要である

 互いに正直に向き合い、愛と真理によって問題が取り扱われる時、
 さらに親しくなれます。

2、共同体を育てるには、謙遜さが必要である

 謙遜とは、自分を軽んじることでなく、
 自分のことばかり考えるのをやめることです。

3、共同体を育てるには、思いやりが必要である

 思いやりとは、違いを尊重し、お互いの気持ちに敏感になり、
 忍耐強くあることです。

4、共同体を育てるには、秘密を守る必要がある

 教会の交わりはいかなる個人よりも大切です。
 噂話は常に誰かを傷つけ、分裂を生みます。

5、共同体を育てるには頻繁に集まる必要がある

 一緒に過ごす時の中で、共同体は育まれます。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です