礼拝メッセージ「神の御名」

礼拝メッセージ「神の御名」

聖書箇所:出エジプト記20章1-17節

あなたは、あなたの神、主の御名を、みだりに唱えてはならない。主は、御名をみだりに唱える者を、罰せずにはおかない。出エジプト記20章7節

ドイツのリュ-ベックという古い港町にある教会堂に、以下の言葉が刻まれているそうです。「われらが主キリストはかく宣う」という題です。

汝ら 我を主 と呼べど 我に従わず、
汝ら 我を光 と呼べど 我を仰がず、
汝ら 我を道 と呼べど 我に倣わず、
汝ら 我を命 と呼べど 我を望まず、
汝ら 我を智者と呼べど 我に学ばず、
汝ら 我を無垢と呼べど 我を愛せず、
汝ら 我を富者と呼べど 我を求めず、
汝ら 我を永遠と呼べど 我を尋ねず、
汝ら 我を仁者と呼べど 我に来らず、
汝ら 我を貴人と呼べど 我に仕えず、
汝ら 我を強者と呼べど 我を崇めず、
汝ら 我を義人と呼べど 我を懼れず。
かるがゆえに我、汝らを責むとも 我を咎むな。

呼んでいる御名にふさわしく生きることを、主は切に求めておられます。御名をみだりにとなえるなら、御名が辱められるからです。そのために、主に寄りすがる祈り、天を見上げて聖霊に満たされる祈りがどうしても必要です。私たちが聖霊に満たされて生活の場に遣わされる時、信仰告白に生き、言動が一致している私たちを通して、主の御名があがめられます。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です