礼拝メッセージ「世界を変える祈り」

礼拝メッセージ「世界を変える祈り」

聖書箇所:ルカ福音書11:1-13

さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。…ルカ福音書11章1-2節

主イエスに聴く祈りをする時にだけ、静まって聖書に耳を傾ける時にだけ、祈ることが出来る素晴らしい祈りがあります。それが「主の祈り」と呼ばれている祈りです。「主の祈り」は、神が私たち人間に与えて下さった「世界を変える祈り」です。

いじめ、虐待、家庭内暴力、離婚、心の病、自殺、殺人、テロ、報復戦争、地球規模の異常気象災害。この世界は今、孤独と絶望と無関心に満ちた不毛の地になっています。なぜなら、私たち人間が神を神とせず、自分を神として歩んでいるからです。「自分さえよければそれでいい」と考え、どこまでも自己中心に生活しているからです。人間の罪がこの世界を不毛の地に変えているのです。

しかし私たちが「主の祈り」を祈るなら、不毛の地に信仰と希望と愛の木が芽生え、豊かなオアシスが現れます。いのちを奪い取っていくのではなく、いのちを与え、活き活きと生かしていく世界が育まれていくのです。なぜなら「主の祈り」とは、「罪人の自己中心な祈り」とは正反対の祈りだからです。

主の祈りを、その一つ一つの言葉の意味を考えながら祈る時、あなたも世界を変える一人となることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です