礼拝メッセージ「えこひいきのない愛」

礼拝メッセージ「えこひいきのない愛」

聖書箇所:ルカ福音書15:25-32

『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

畑から帰って来た兄息子の耳に、音楽や踊りの音が聞こえてきました。しもべに聞くと、家出していた弟息子が帰り、父が肥えた子牛をほふらせて祝宴を開いているというのです。これを聞いた兄は怒り、家に入ろうともしませんでした。

家から出てきてなだめる父に、兄は怒りをぶつけます。『ご覧なさい。長年の間、私はおとうさんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』

父は兄息子に優しく語りかけます。『おまえはいつも私といっしょにいる。私のものは、全部おまえのものだ。だがおまえの弟は、死んでいたのが生き返って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、楽しんで喜ぶのは当然ではないか。』」

えこひいきのない愛で、父なる神はあなたを愛しておられます。そして父なる神は、あなたにも、父のような憐れみ深い者になって欲しいと願っておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です