礼拝メッセージ「弟子の代価」

礼拝メッセージ「弟子の代価」

聖書箇所:ルカ福音書14:25-35

ですから、塩は良いものですが、もしその塩が塩けをなくしたら、何によってそれに味をつけるのでしょうか。土地にも肥やしにも役立たず、外に投げ捨てられてしまいます。耳のある人は聞きなさい。ルカ14:23ー24

キリスト者は地の塩だと言われます。今日のみことばを文脈から読むと、キリスト者の塩けとは、人がキリストの弟子になるために、次のような代価を払う時に与えられるものだということがわかります。

1、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎む(26節)
2、自分の十字架を負って従う(27節)
3、自分の財産全部を捨てる(33節)

家族や自分のいのちまでも憎むとは、父や母、息子や娘、兄弟や姉妹、そして自分を、キリストよりも愛さないということです。

自分の十字架を負うとは、福音宣教のために、キリストと共に苦しみを味わうことです。

自分の財産全部を捨てるとは、経済的にもキリストだけに頼るということです。お金の問題ほど信仰と深く結びついている問題はありません。

信仰による確信と勝算の幻がなければ、このような代価を払うことも、塩けを保つこともできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です