使徒的共同体 芳賀力

使徒的共同体 芳賀力

1、悔い改めと赦しの神的制度
 教会共同体は、悔い改めのない、また赦しのない社会の中で、真実に悔い改める機会と場所を提供し、罪の赦しを伝達する制度として、神によって建てられている。

2、慰めと癒しの神的制度
 教会共同体は、安易な慰めと手軽な癒ししかなく、本当は慰めも癒しも存在しない社会の中で、真実の慰めをもたらし、魂の霊的癒しを与える制度として、神によって建てられている。

3、文脈創出(啓示的語り)の神的制度
 教会共同体は、文脈を喪失し、断片化した小さな物語群によって翻弄される社会の中で、文脈としての大きな物語(グランド・ストーリー)を提供し、善き生についてのヴィジョンを提示して、生きる望みと力を創出する制度として、神によって建てられている。

4、美徳育成の神的制度
 教会共同体は、美徳なき時代に聖書的美徳に生きることを喜んで選び取り、聖書的な神の属性に対応する聖書の民の特性を育成する制度として、神によって建てられている。

5、公同礼拝(祈りと讃美)の神的制度
 そして何よりも教会共同体は、もろもろの民の中より呼び集められ、まことの神を讃美し、共に御名を崇める公の制度として、神によって建てられている。
p88-91

私は祈る

30年以内に起る確率が99パーセントと言われていた以上の地震が、突然日本列島に襲いかかった。地震の規模を示すマグニチュード(M)は9。最大震度は7。大津波が、全国沿岸に押し寄せる国内最大規模の巨大地震となった。

私は祈る。今なお余震の続く中、被災されたお一人お一人の上に、今なお安否がわからないお一人お一人とその家族の皆さんの上に、救助を求めておられるお一人お一人と、救助のために労してくださっているお一人お一人の上に、慰めと励ましと支え、何より救いが豊かに豊かにあるように。原発の放射能漏れなどからも守られるように。