ミルトンのインターステラ観

ミルトン著『失楽園』岩波文庫より

第八巻91−99行
しかし、大きなもの、輝かしいもの、が必ずしも優れたものとは限らないことをまず知って貰いたい。天に比べた場合、この地球はいかにも小さく、煌きも持たないが、空しく光っている太陽よりは、もっと多くの実質的な良さを持っているといえよう。太陽の力は自らに対してはなんらの実行をもたらさないが、実り豊かな地球に対してはそれをもたらすのだ。太陽の光線は他の点では余り効果を発揮しないが、地球に吸収された時初めて威力を発揮する。これらの燦然たる光体は、地球に奉仕するというより、地球の住人であるお前に奉仕している。