教会の最高の仕事は、世界の宣教である

教会の最高の仕事は、世界の宣教である。by オズワルド・J・スミス

地の果てにまで 海外宣教のチャレンジ

教会は全地に 国外宣教50周年記念誌

編集後記1

特別寄稿文までの最初の部分を、編集後記としてまとめてみたいと思います。

時期尚早と思われても熱い祈りが積まれ、世界宣教に果敢にチャレンジし続けた50年。宣教された経験を生かして、日本とアジアと世界に仕えることを試みた日本同盟基督教団の歴史。

最初の15年は「準備と派遣」、次の10年は「継続と発展」、その後の15年は「成熟と調整」、そして最近の10年は「新たな挑戦」の時です。戦争の70年があり、戦争放棄の70年がありました。今は「人・もの・情報」の世界的大移動がもたらすグローバル化と多元化が急激に起こっています。次の半世紀を見据えた新たな挑戦の時です。

20年後に迎える国外宣教70周年に向けて、アジア全域に宣教師を派遣することをビジョンとして掲げています。日本国内にいる外国人や国外にいる日本人がますます増え続けています。毎年1600名以上を数える海外で主イエスに出会った帰国者のフォローも急務です。国内と国外。実はそんなふうに考えることが改めて問われています。置かれている場所がエルサレムであり、そこにおいても世界宣教が可能であり、そこから世界を宣教区として、地の果てを目指します。

教師と信徒。それぞれに日本人もいますが国籍や文化の違う人たちもいます。多様化は今後ますます進むと思われます。正教師を中心とした教職宣教師と信徒宣教師、長期と短期、技術宣教師、医療宣教師、委託派遣などなど。特に各教会から海外に遣わされる信徒の一人一人が、これからの宣教の鍵を握っていると思われます。

各教会において、各宣教区において、各大会において、共に主イエス・キリストの御声に聞く祈りから始めることができたなら、「権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって」と仰せられる主が、私たち日本同盟基督教団をこれまで以上に豊かに用いてくださり、様々な教団や宣教団体との宣教協力の中で、世界宣教を成し遂げてくださると私は堅く信じています。

前国外宣教委員 野町真理(杉戸キリスト教会牧師)

聖書六十六名山 THE BIBLE MOUNTAINS

聖書六十六名山

 

私は山に向かって目を上げる。
私の助けは どこから来るのか。私の助けは主から来る。
天地を造られたお方から。
旧約聖書 詩篇121篇1−2節

1、創世記

★どういう性格の書物なのか?

 聖書66巻全体、宇宙全体の土台と枠組み(フレームワーク)
 三位一体の創造主による天地創造、人間の堕落、再創造の始まり。
 すべての始まり。
 喜びの園エデン。いのちの木と善悪の知識の木。
 結婚の創造。
 悪魔の誘惑と楽園追放。
 カインとアベル。最初の人殺し。
 ノアの箱舟と大洪水。虹の契約。
 バベルの塔と言語の多様性。
 約束の地を目指す神の民。
 ハイリスク・ハイリターンな旅の始まりと仲間たち。
 アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神(イスラエルの神)
 出エジプトへの伏線 万事を益に、悪を善に変えてくださる神

★どういう歴史的背景を持っているのか?

 すべての歴史の始まり。特に救済史の始まり。
 宇宙史、地球史、世界史、言語史、民族史

★人間とどういうつきあいがあったのか?

 もし神がいなければ、すべては偶然の産物。
 もし神がいなければ、人生に意味や目的はない。人間の存在価値もない。
 人間のデザイナー、クリエイター、メーカーである神
 人間のオーナーである神

2、出エジプト記(エクソダス)

★どういう性格の書物なのか?

 奴隷解放における霊的戦い
 エジプトの国、奴隷の家からの解放と訓練
 モーセというリーダーとうなじの怖い民
 アブラハム、イサク、ヤコブの神、主
 シナイ山で授かる十戒:神と隣人を愛するための指針

★どういう歴史的背景を持っているのか?

 神の民イスラエルの形成
 主イエスの十字架において成就される過ぎ越しのルーツ。

★人間とどういうつきあいがあったのか?

 わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。
 幕屋建設