セックスについて考える

テレビ、映画、小説、音楽、スポーツ新聞、マンガ、雑誌などにおいて描かれているセックスのほとんどは、結婚前や結婚外です。

学校の性教育においても、個人の権利と自由が大切にされ、避妊用具を用いたフリーセックスを奨めています。

セックスを拒まないことが愛していることだと考えられています。

かなりの若者が性体験をし、ポルノ、中絶、性病、セクハラがはびこっています。

正しい情報と知識を知り、それを早急に伝えていく必要があります。

性に伴うリスク・危険も伝えるべきでしょう。

聖書に記された、性の祝福と正しい用い方を学ぶ必要があります。

性は三位一体の神の本質があらわされている故に尊いものです。

性的関係を持つことは、相手と一体になることです。

セックスは、知性、感情、意識、肉体、全人格において、夫婦が一体となるための接着剤です。

つきあっている相手と結婚前にセックスし、もしその人と結婚に至らなかった場合、どうなるでしょうか?

そのような場合、女性が深くて重い傷を負ってしまいます。

もし性的関係を持った後にその人と別れ、別の人と関係を持っていくなら、一体になった自分が引き剥がされ、どんどん自分の一部を失っていくことになります。

バラの花のようなあなた。しかし結婚前に性関係を持っていくなら、花びらがどんどん失われて、将来幸せな結婚をすることが難しくなります。

結婚関係以外で性的関係を持つと、自殺率は3倍になると言われます。

うつ病といった心の病になりやすいのもフリーセックスの体験者です。

でも大丈夫。神が赦すことの出来ないほど大きな罪はありません!

あなたがもし、そのままの姿で神のもとに帰るなら、神はあなたに走り寄り、ありのままのあなたを抱きしめてくださいます。

あなたが将来本当に幸せな結婚をし、幸せな家庭を築くことを、誰よりも願っておられる神がおられます。

神はあらゆるマイナスをプラスに変えてくださり、万事を益に変えてくださいます。

聖書は、二人の祝福のために、アブステナンス(ABSTINENCE:結婚まで性的関係を持たない、結婚関係以外で性を用いないということ)と純潔(PURITY)を教えています。

それぞれ置かれている所で、アカウンタビリティグループ(責任を問い、互いに支えあうグループ)が与えられますように。

性的被害者・加害者は、プロのカウンセラーや牧師などに相談し、神による癒しと赦しを体験してください。

Q & A

Q1、付き合ってますが、すでに性的関係を持ってます。今さら拒むと嫌われたり浮気されたりしそうで拒めません。
A1、今我慢できない人は結婚しても我慢できずに浮気します。高価なあなたを安売りしないでください。相手があなたを本当に愛しているなら、結婚までちゃんと待ってくれるはずです。「大切な人だからこそ簡単に手を出したりしない」、「本当に大事な人だから責任とれないことはしない」というのが真実です。

Q2、性的な誘惑に弱くてすぐ負けてしまいます。どうしたらいいですか。
A2、まずは二人きりになれる部屋や場所を避けることを心がけてください。車も二人だけで乗るなら助手席ではなく後部座席に座ってもらうといいです。

続く

コメントを残す