日本百名山と聖書六十六名山

日本百名山
どういう性格の山なのか? 品格
どういう歴史的背景を持っているのか? 歴史
人間とどういうつきあいがあったのか? 個性
私が今まで登った百名山
剣山(四国)
筑波山
雲取山(鴨沢小袖コース)
雲取山(三峰縦走コース)
両神山(日向大谷コース)
両神山(八丁峠コース)
赤岳(県界尾根コース)
MBC八ケ岳縦走キャンプ(赤岳、横岳、硫黄岳)
槍ヶ岳(上高地槍沢コース)
那須岳
途中まで登った百名山
谷川岳
登った高知の郷山
鴻ノ森、筆山、五台山、工石山、横倉山、石立山など
登った豊橋の山
湖西連峰、石巻山、蔵王山など
登った長野の山
戸隠山
聖書66名山
どういう性格の書物なのか?
どういう歴史的背景を持っているのか?
人間とどういうつきあいがあったのか?
無駄なことを削ぎ落として核心部だけを書く
作家としての覚悟、牧師としての覚悟
総決算
百の頂に百の喜びあり
六十六の頂に六十六の喜びあり
世界百名山
アジア21、そして世界へ
聖書66名山 1、創世記
★どういう性格の書物なのか?
 聖書66巻全体の土台と枠組み(フレームワーク)
 創造主による天地万物創造、人間の堕落、万物再創造の始まり。
 約束の地を目指す神の民。旅の始まりと仲間たち。
 アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神(イスラエルの神)
 出エジプトへの伏線 万事を益に変えてくださる神
★どういう歴史的背景を持っているのか?
 すべての歴史の始まり。特に救済史の始まり
 宇宙史、地球史、世界史、言語史、民族史
★人間とどういうつきあいがあったのか?
 もし神がいなければ、すべては偶然の産物。
 もし神がいなければ、人生に意味や目的はない。人間の存在価値もない。
 人間のデザイナー、クリエイター、メーカーである神
 人間のオーナーである神
聖書66名山 2、出エジプト記(エクソダス)
★どういう性格の書物なのか?
 奴隷解放における霊的戦い
 エジプトの国、奴隷の家からの解放と訓練
 モーセというリーダーとうなじの怖い民
 アブラハム、イサク、ヤコブの神、主
 シナイ山で授かる十戒:神と隣人を愛するための指針
★どういう歴史的背景を持っているのか?
 神の民イスラエルの形成
 主イエスの十字架において成就される過ぎ越しのルーツ。
★人間とどういうつきあいがあったのか?
 わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である。
 幕屋建設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です