礼拝メッセージ「苦しみの意味」ローマ18

礼拝メッセージ「苦しみの意味」ローマ18(クリックで聴けます)
聖書箇所:ローマ人への手紙8章18ー25節

18 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに
 啓示されようとしている栄光に比べれば、
  取るに足りないものと私は考えます。
19 被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを
  待ち望んでいるのです。
20 それは、被造物が虚無に服したのが自分の意志ではなく、
 服従させた方によるのであって、望みがあるからです。
21 被造物自体も、滅びの束縛から解放され、
  神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。
22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、
  ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。
23 そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、
  心の中でうめきながら、子にしていただくこと、
  すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。
24 私たちは、この望みによって救われているのです。
  目に見える望みは、望みではありません。
  だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。
25 もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、
  私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。
  ローマ人への手紙8章18-25節

パウロは福音信仰の山頂で語ります。私たち人間だけでなく、神に造られた被造物全体、すなわち宇宙全体が苦しんでいる。今の時のいろいろな苦しみは、産みの苦しみである。苦しみがもたらすものに目を向けるなら、苦しみが取るに足らないものに見えてくる。苦しみがもたらすもの、それは、神の子どもとしての栄光と自由、私たちのからだの贖いである。

「礼拝メッセージ「苦しみの意味」ローマ18」への1件のフィードバック

  1. 「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。」(ローマ人への手紙8章18)という言葉に打たれました。このパウロの圧倒的な神への信頼に比べれば、私はまだこどものようなものです。野町先生の日曜礼拝の説教をこうしてブログ上でも聴くことができ、本当に感謝しております。特に、私自身も大きな力をいただいているこの「ローマ書」に関する講解説教は、素晴らしい。どうか今後、この説教の部分だけを初めから終わりまで並べて、カテゴリーとしてまとめ、すぐに聴けるようにしていただけると嬉しいと思います。感謝して、先生と御夫人とルカ君の健やかな成長をお祈りしています。神の祝福が豊かに注がれますように。アーメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です