神の国のライフスタイルに生きるキリスト者

2001年9月11日。セプテンバーイレブン。その時私は、予定されていた日本同盟基督教団教育部主催の補教師研修会のために、松原湖バイブルキャンプ場にいた。台風接近のため日程がずれることになったが、強まる風雨の中であのニュースを見た。

米国のリック・ウォレン牧師が “The Purpose Driven Life”(邦訳題は『人生を導く5つの目的』)を出版したのが翌年の2002年。

この本には、、オブジェクト指向のような、目的志向の人生に関する、特筆すべき色あせない輝きがある。(オブジェクト指向の素晴らしさについては、中島聡氏のWEBページhttp://satoshi.blogs.com/life/2004/09/post.htmlを参照)

しかしこの本は、世界中から富を搾取して飢えの時代を作りつつ、自らは富むキリスト者たちへの歯止めにはなっていない。新自由主義路線に舵を切って格差社会、ワーキングプアを産み落としていく米国。世界各国の貧しい人々を民営化した戦争に派遣し、死の商人から譲り受けた劣化ウラン弾によって放射能をまき散らす米国。世界を巻き込む金融為替崩壊へと向かっていく米国を見るとき、祈りつつ、そのようなことを考えざるを得ない。

だから今、杉戸キリスト教会の主日礼拝式では、聖書に基づいて『人生を導く5つの目的』のメッセージを味わっている。また、聖書学校(洗礼後クラス)では、小グループによる学びの中で、実生活への適用を考えながら『人生を導く5つの目的』をテキストとして用いている。

それと共に、水曜午後の祈祷会では、預言者イザヤの書を読み進めている。イザヤが活躍した紀元前の時代と同様に、主なる神はこの時代に生きる諸国の民に宣告をなさっておられる。悔い改めない国民には、本当に愛するが故に、容赦のない厳しい裁きを行っておられる。あらゆるささえと頼りを除かれ、「鼻で息をする人間など頼りにするな!悔い改めて、主なる神だけに頼って生きよ!」と主は叫ばれている。

神の国のライフスタイルに生きるキリスト者が新しく生まれるために、主は今、産みの苦しみをされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です