被害者にも加害者にもならないために

交通事故の原因

スピードの出し過ぎ
車間距離の詰めすぎ
急ブレーキ、急ハンドル
信号や標識、一旦停止や徐行を無視した運転
わき見運転等の注意散漫
相手の動きや状況を予測しない運転
安全確認の甘さ:交差点進入時、左折等、バック時、ドア開閉時、車線変更時など
下り坂でのエンジンブレーキ不使用
寝不足、休憩不足、体力不足、疲れ
イライラやストレス
自信過剰あるいは自暴自棄
飲酒運転、病気の発作
整備不良

私とバイク その3 普通自動二輪(MT)免許教習LOG

私とバイク その3 普通自動二輪(MT)免許教習LOG

春日部自動車教習所にて http://kasukabe2014.sakura.ne.jp/index.shtml
教習車 CB400Super Four VTEC Revo

教習終了を告げるチャイムの後に流れるアナウンス、「最初から上手に出来る人はいません。」にどれだけ励まされたことだろう。

1段階

1段階1ー2 2コマ連続

バイクと車の死角確認。
バイクを引き起こす、サイドスタンド、メインスタンド
八の字、直線、Uターンを押して

変なクセを直す
肩や上半身の力を抜く
直ぐに4本指でハンドルを押しつつ握る
足もホームポジションにてニーグリップ
30メートル手前か3秒前にウインカー
アクセル戻し、前後ブレーキ、シフトダウン
半クラッチ

1段階3

周回慣らしの後、1コース走行
8の字とクランク
8の字は二周回って出る。出る時は2速のままクラッチ切って半クラッチで出て行く。
見通しの悪い交差点はクラッチ放して徐行
アクセルと半クラッチで調整
危険回避要注意
二度ブレーキ ゆっくり長めに その後すぐクラッチ切ってシフトダウン。
停止中はブレーキを踏む
手足は動作後すぐホームポジションに
最後に戻って来た時、油断して右側に立ちゴケ。killスイッチ押してエンジン停止。

1段階4

周回慣らしの後、1コース走行2回
8の字低速回転は、少し前を見つつリーンアウト気味で回ると安定する。
クランクで足つきやエンスト どうしたら?
クラッチを切って、アクセルをしっかりふかしながら、ゆっくり半クラッチのままで回る。
クランクでは絶対クラッチを全部つながないこと!
一本橋、急制動、スラローム、急制動、
(タンデム二人乗りの時には腰をしっかり持つ。)

一本橋
一旦停止の後、少しスピードをつけてローで乗る。
ニーグリップ、脇締め、手首は120度 少し猫背で
少しスピードをつけて渡りきる。半クラッチ、
バランスを崩しそうになるとアクセル
前輪ではなく後輪ブレーキを使う
目線は下向きではなくしっかり上げて少し先を見る

急制動
先行車が次に移ってから発進。
4速までアップ。一段一段シフト後にすぐ手足をホームポジションに
ブレーキポイント前にはアクセル戻してホームポジション。
ブレーキは握手する感じで最初ゆっくり後しっかり握る。
後輪ブレーキもしっかり利かせて最後はクラッチを切りつつ左足で着いて完全に停止する。
完全に停止した時エンストにならないように停止直前にクラッチを切る。
急制動の際には前輪ブレーキ7、後輪3

スラローム
入ったらセカンドで通り抜ける。クラッチは切らない。
バイクが出口の方向を向いた時に小刻みアクセル。
戻す時に素早く
体重移動で傾いて走行 アクセルでバイクは起きる

急制動
先行車が次に移ってから発進。
4速までアップ。一段一段シフト後にすぐ手足をホームポジションに
ブレーキポイント前にはアクセル戻してホームポジション。
ブレーキは握手する感じで最初ゆっくり後しっかり握る。
後輪ブレーキもしっかり利かせて最後はクラッチを切りつつ左足で着いて完全に停止する。
完全に停止した時エンストにならないように停止直前にクラッチを切る。
急制動の際には前輪ブレーキ7、後輪3

Uターン
ブレーキングしてシフトダウン
黄色い線や白線を超えない。
ライン取り 大きく弧を描くコースをとって回る。
小回りのライン取りは難しい
早めに出口を見ながらUターンを始める。
クラッチを切って、アクセルをしっかりふかしながら、ゆっくり半クラッチのままで回る。
絶対クラッチを全部つながないこと!

バイクはバランスと体重移動と半クラッチとアクセルで乗る。あせらない。一呼吸置いて。
特にクラッチとアクセルワークは繊細でデリケート!ミリ単位の操作がバイクと一体化する。

1段階5

周回慣らしの後、1コース走行2回
クランクでパイロンを倒して止まってしまう。半クラッチの際にアクセル不足
8の字の際にはリーンウイズで!もちろんニーグリップ
その後課題練習を繰り返す。
一本橋の後、狭いパイプ間を通り抜ける。
急制動の際にはシフトダウンはしない。完全に停止する。
左足を出しつつクラッチを切る。
急ブレーキはロックする危険あり。
ゆっくり走行の際には、アクセルふかせながら半クラッチ。

1段階6

1回外周回ってから1コース走行2回
そして課題練習
その後坂道発進へ
春日部の春で左ウインカー。
安全確認しつつUターンして黄色い線を避けて白矢印付近からコースイン。
障害物避けたらウインカーそのままで減速、クラッチ切って左後ろ目視確認して坂道コースへ
真ん中のライン取り、勢いのある内にクラッチ切って停止。
後ろブレーキしっかり。
右後方目視確認して、アクセル4000回転で半クラッチしつつ後ろブレーキ緩めて発進

セカンドに入れて手を離す。ウインカー左
こちら優先。クラッチ切って、合流に向けて安全確認して合流。
一本橋は目線にも注意 アクセルは一定で半クラッチと後ブレーキ
8の字とスラロームは半クラッチ使わない

1段階7 シミュレーション

二輪の特徴
1、前輪と後輪のブレーキが分かれている。
ブレーキングに個人差が出やすい。ベテランほど急制動距離が短い。
急制動の際には7:3(前輪:後輪) 通常は6:4
前輪は車重などが集中するため効きやすい。ただしロックすると危険。
スピード要注意。高速、雨、急な飛び出し、渋滞最後尾

2、車体を傾けて曲がる バンク
遠心力と重力の釣り合い 転倒の可能性 カーブ前に速度を落として

3、体が外に出ている
危険、危機予測
転ばないように。転ばないように。スピード出しすぎない!
特に濡れた路面、鉄板、マンホール蓋、砂利など要注意
ただし、路面ばかりみていると視野が縦長になりがち。
横風注意、対向車とすれ違う時も風圧注意

1段階8 AT車

ブレーキは両腕同じでいい
左ブレーキかけながらエンジンかける
アクセル加速遅れる ブレーキも効きにくい
小回り利かない 低速苦手 直進性はいい
砂利道避ける舗装路のみ

1段階9 一段階見極め 何とかパス

スラロームはライン取り修正
傾けられるようにパイロン脇間合い
視線は少し先
右折左折時のライン取り注意
横に入れないように
停止前にローに
ギアの位置いつも把握する
低速旋回は半クラッチで
少し前傾で脇と膝締めてバイクと一体に
バイクと友だちに
シフト時その都度ホームポジション
チャイムが鳴るまでクラス!

2段階

2段階1 シミュレーター

歩道を横切る時には一旦停止!
救急車は左に寄って停止
横断歩道の手前に停止していたら最徐行
歩行者の横を通る際には距離とスピード注意

2段階2-3

一本橋は特にニーグリップ 体は固定しハンドルで調整
2コース走行+課題連続二時間
後方確認し、サイドスタンド外し、後方確認して乗車。すぐ後輪ブレーキ踏む。
スタート地点ではエンジンかける前に必ずミラー位置調整。やらないと減点になるよ!
後ろブレーキかけつつ、
スイッチをオンにし、オレンジランプ消灯後、クラッチ握ってエンジンかける。
右ウインカーつけて後方確認して良ければすぐ横に入る。
すぐ左ウインカー。坂道優先車が来ないことを確認してコースに入る

3回後方確認しながらスタート地点&ゴール地点へ
空いていれば1番に
ポール横に前輪ヘッドが来るように サイドスタンド立てて

2コース坂の後は2つ目の40キロ標識の所でウインカー&ブレーキング、シフトダウン、
カーブ手前で後方確認して、曲がりながら内側へ

クランクのライン取りも余裕をもってパイロン倒さないように

2段階4

急制動、回避判断時間、空走距離、
40キロで11メートルぐらいだけど、バイクは車より回避もブレーキングも難しい。
カーブの体感走行、安全走行

傾けた状態でブレーキ踏むとスライドするので非常に危険。
カーブでの前輪ロックは教官でもやりたくないほど危険!!!
カーブでの回避は超危険!対向車線もしくは崖、ガードレール
十分速度を落としてカーブは曲がる。

目測もあいまいなので、車間距離も車以上に十分に取る。
一本橋は前傾姿勢で力をぬいてやる。鬼の半クラ+後輪ブレーキ
スラロームは最初の入りでタイトなライン取りをしないと後でつけがくる。
次回3コースを誘導なしで走るので、しっかり覚えて走れるように準備!
急制動の時足を早く出すと危険!

2段階5

ケーススタディ 交差点
すり抜け時に右折トラックなどが前方にいたら無理して追い抜かない。
住宅地ではセンター寄りをやや速度を抑えて走る。

1周回したのちに発着点に、初めて3コースを走る。課題2セット、2回3コースを走ったのち、
あとは課題集中

クランクの時、半クラッチのまま、もう少しアクセルをきかせると安定して通過できる。
一本橋はニーグリップ&ハンドルで もう少し半クラ+アクセル 目線、前傾
右折もしくは左折の際に、ライン取りをしっかり。
黄色信号では止まる。
3コース交差点抜けて一旦停止したのち左折したらいっぺんウインカーを切る。
カーブ手前で再度ウインカー
坂道一時停止して発進前に左右後方確認!

2段階6 シミュレーター+学科 2コマ

危険予測 バスの周り要注意
初心者期間1年間は要注意 もし違反して案内が来たら必ず講習を受けること!
二人乗りDVD 公道は1年以上、高速は3年以上
二人乗りは一人以上に運転テクニックが必要!!!
職業は何ですか? キリスト教の牧師です。

2段階7 土砂降り後 雨中教習

波状路&砂利道走行 座って&立って
2コース&3コース
コースは間違えないように!
左右確認しっかり
特に信号の交差点最前列の場合は
路面が濡れている時は急制動は14メートル
クランク入る時に出る時のウインカーを点けておく!!!
一本橋はとにかく落ちないように!!!

2段階8 見極め

コース2、3
発着点では、ミラーチェックも!
ブレーキはどちらかを必ず効かせておく!
坂道途中でエンスト
登り終わってからセカンドに!
急制動発進時に右側へ立ちゴケ!
コースは間違えないように!
ブレーキは後続車へのサインとして2回
ニーグリップすることで上半身の力を抜く
焦らずゆっくり正確に

卒業検定 無事合格 鴻巣運転免許センターにて免許交付手続き完了

朝お祈りして来たんですか?➡️はい。お祈りして来ました。
今までで一番良い運転ができて感謝。
最後にニュートラルにせずにエンジン切ったぐらい。
一本橋も落ちずに通ることができた。
雨も次第に小雨になり、急制動も大丈夫だった。スラロームもリズミカルに通れた!
指導教官の皆様、不器用な者にかゆいところに手が届く適切なご指導、本当にありがとうございました。
春日部近辺に住んでおられてバイクに乗りたい方、ぜひ春日部自動車教習所へ!
http://kasukabe2014.sakura.ne.jp/index.shtml

天よりの声ヒロシマ・被爆二年目の手記

天よりの声 ヒロシマ・被爆二年目の手記
末包敏夫 編
日本YMCA同盟出版部 1983年6月10日 第1刷発行

…とくに、日支事変以来のことであるが、
国家が、キリスト教の神観と、キリスト教倫理の超民族的超国家的性格を問題とし、
キリスト教に対する思想的、あるいは直接的弾圧がはげしかった。
日本のキリスト教界は、純なる愛国的動機からそのような態度に出たのであろうが、
いかにして国家の要望するものに応じうるかを発見するのに腐心し、
いわゆる、日本的キリスト教の樹立への神学的探求労作が行われてきたのである。
これはキリスト教信仰の最後的のものを断固として守りぬくとともに、
心の向かうところは、なんとかして、国家の要求と相一致する領域を見出したいとの願いをもち、
主張すべきものを明確に主張するというよりも、第一の関心はどこまでも主張せずに置いて、
国家の要求に応じうるかということを発見するにあった。

このように、われわれの当然主張すべきものを、明確に主張しなかったことは、
たとえ事態の真相を知らされていなかったためとはいいながら、
今や、痛烈に、神の前に責任を問われることになった。
もしも日本のキリスト教徒が、終戦後の今日のような考えに、戦時中も、
断固として立ち、わが身を犠牲の祭壇にささぐる覚悟をもって、
戦争反対と、世界平和のために行動していたならば、あるいは、
広島数十万の人々が、死し、また傷つかずに済んだかもしれぬと思い、
深い責任を感ぜざるをえない。…

(広島キリスト教会牧師 木村文太郎師の寄稿文「つぐないの道」より引用)

荒れ野の40年

荒れ野の40年 
ヴァイツゼッカー大統領演説全文 
岩波ブックレットNO.55

リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー
永井清彦 訳
岩波書店 1986年

…問題は過去を克服することではありません。
さようなことができるわけはありません。
後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。
しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。
非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、
またそうした危険に陥りやすいのです。
ユダヤ民族は今も心に刻み、
これからも常に心に刻みつづけるでありましょう。
われわれは人間として心からの和解を求めております。

まさしくこのためにこそ、心に刻むことなしに和解はありえない、という一事を理解せねばならぬのです。
何百万人もの死を心に刻むことは世界のユダヤ人一人一人の内面の一部なのでありますが、
これはあのような恐怖を人びとが忘れることはできない、というだけの理由からではありません。
心に刻むというのはユダヤの信仰の本質だからでもあるのです。 …
(本文より)

ドイツの敗戦40周年にあたる1985年の5月8日、
ドイツ連邦共和国のリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領は、
連邦会議で「荒れ野の40年」という演説を行なった。
このブックレットには、その全文が紹介されている。

日本がアジア諸国と和解をしていくために必要なこと。
また、全世界の民族が、互いに和解をしていくために必要なことが、この演説の中にある。

The 5W1H of World Mission

The 5W1H of World Mission

What is the World Mission?

To build the Church beyond nation, culture, nationality and language. It is the best work of the Church.

Who is called to World Mission?

Everyone who is called to belong the Church.

When is the time for World Mission?

The time is Now!

Where is the place of World Mission?

It is the place where you are living now.

Why World Mission is the best work of the Church?

Because World Mission is the work to give and to share what we were given.

How World Mission will accomplish?

By the Holy Spirit and the Passion of God.