忙しすぎてクルシミマスになりやすい

忙しすぎてクルシミマスになりやすい

どの職場でもそうだと思うが、牧会伝道の現場はまるで戦場のようだ。特にクリスマスの時期は、忙しすぎてクルシミマスになりやすい。

2016年のクリスマスは、クリスマス前後に90歳と97歳のご夫妻が相次いで天に召された。22日(木)午後、クリスマスプレゼントを持って病院に行くと、既にお父様は召されていた。ご遺体と一緒に24日(土)夜にクリスマスイブ礼拝、25日(日)にクリスマス礼拝と祝会、そして夕礼拝を行い、眠りに就いた。

けれども、26日(月)の午前1時ぐらいに携帯電話の呼び出し音が鳴り、お母様危篤の知らせを受けた。真夜中息子さんと一緒に車で病院に駆けつけ、そして看取る。朝まで葬儀の打ち合わせなどをして、27日(火)にご夫妻一緒に葬儀を行い、順番に火葬することになった。

さらに代務教会の会員で遠隔地におられるおばあちゃんも天に召されてしまった。遠隔地なので、さすがにそのおばあちゃんの葬儀は近隣の牧師先生に依頼した。

そんなこんなで1月1日の新年礼拝が終わるまで、ジェットコースターに乗ってノンストップのような状態だった。

牧師家族の冬休み1日目

けれども、新年礼拝の後、予定していた2日からの冬休みが取れそうな状況になり、家族でゆっくりと時を刻むことができた。

自分らしく時を刻む。これは昨年からの1つのテーマ。

2日月曜日、荷物をまとめ、車に積み込み、そして牧師館兼教会堂を後にする。

幸手ICに乗る前に、すでに昼になっていたので、カスミに寄ってランチを買い、食べながら出発。

圏央道から東北道、そして外環から首都高へと入り、トンネルを抜けてアクアラインを目指す。

かなりの渋滞の中、海ほたるで一休み。

千葉に渡ってからは道路もすいて、のんびりドライブ。

目指すは館山サンセットユースホステル。

子どもを授かる前には、夫婦二人でよくユースホステルを利用したが、子どもを授かってからは初めてのユース利用。

サンライズではなく、サンセットという言葉を用いているからには、きっと夕陽がきれいなのだろう。

アクアラインの渋滞でかなり到着が遅れ、夕方5時過ぎに到着。初日は既にサンセット後で残念。

館山サンセットユースホステル

ここのユースは朝食しか出ないので、夕食を求めて改めてコンビニに向かう。

とにかく無事に宿泊場所にたどり着けたことに感謝。

完全に暗くなる前だったので、見落としやすい案内看板をたどって、細い道を抜けて、運転お疲れさまでした。

家族でお風呂に入り、ベッドで横になりながら聖書を読み、神学書を読み、そしておやすみなさい。

明日から房総半島をまわるのが楽しみ。

牧師家族の冬休み2日目

館山での目覚め。

ユースのペアレントさんが作ってくださったおいしいおせち朝食を食べる。

息子はいつものお母さんの味とは違うので、ちょっと食べれないものが多い。

かまぼこ、たつくり、くりきんとん、なます、昆布巻きなどなど。ごちそうさまでした。

朝ごはんを食べた後、まずは海を目指して出発。

早速袋小路にはまり、Uターンしながら地元の方に道を聞き、そして海へ出る。

房総フラワーラインと呼ばれる道をドライブする。

天気は晴れ。最高だ!

フラワーラインの道沿いには、菜の花がずっと咲いていて、もう春のような気持ちになる。

房総フラワーラインの菜の花

フラワーラインから漁港に入り、さらに海沿いを走る。

赤いアロエの花と青い海と空が美しい。

アロエの花と海と空

遠くに富士山も見えた。

房総半島から富士眺望

漁港を通り越して細い道を進み、そして歩いて海辺に出る。

海辺にて

夏に関東宣教区プロジェクトが予定されている伊豆大島も眺望できる。

伊豆大島眺望

しばらく海辺で遊ぶ。

海辺の子ども

海辺のサーファーがかっこいい。

海辺のサーファー

そして野島岬、房総半島最南端へ

房総半島最南端の地

房総半島最南端にて

野島岬より太平洋眺望

館山サンセットユースホステルより

館山サンセットユースホステルの星空

シーサイドワインディング

房総フラワーライン

・・・続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です