私が原発に反対する理由その6:原発を停止するためなら喜んで節電しますが、実は原発を止めても電気は十分足りるから

私が原発に反対する理由その6:原発を停止するためなら喜んで節電しますが、実は原発を止めても電気は十分足りるから

火力発電と水力発電だけで、十分最大電力をまかなえます。安全でない原発がなくても、電気は大丈夫なはずです。

その根拠は、例えば以下のような電力会社の長期ビジョンにあります。電力会社が、オール電化キャンペーンや電気自動車キャンペーンによって需要を増やさなければならないほど、電気は十分足りているのです。

中部電が長期ビジョン、電力需要低下に危機感(日本経済新聞 2011/2/25より引用)

中部電力が初めて策定した長期の経営ビジョンは、地盤である中部地方で電力需要が将来減少に転じることへの危機感がにじむ内容となった。人口減少など構造変化に備え、家庭や工場での電化推進などで新たな需要を創出し、海外投資を大幅に上積みして収益源に育てる考えだ。…

構造的な需要減を食い止めるため、「ビジョン」では30年までに現在の販売電力量の15%分に相当する200億キロワット時の需要を創出する方針を明記。オール電化の推進や電気自動車の普及などに取り組む考えだ。

「私が原発に反対する理由その6:原発を停止するためなら喜んで節電しますが、実は原発を止めても電気は十分足りるから」への2件のフィードバック

  1. 原発反対派の人にお願い。反対派の人もしっかり政府のプロパガンダに乗せられて電力が足りないと思ってる人が多いと感じます。賛成派・容認派の人は、誤った知識から判断しています。
    技術が進んで発電効率が上がりCO2排出を減らしてこれまで以上に火力でも電力が作れるや、省エネで需要自体が下がり続けていること。知らないんです。
    原発はとても古い効率の悪い発電方法であり、50年前の水力・火力と同じ方法で非常に非効率な発電であることを。 そして、発電量に対しコスト・危険が見合っていない非常に不経済なものの為に、高い電気量払わされている事。
    知らないんです。金食い虫のオンボロ機械ということを。何万年にも及ぶゴミのことも。
    知らないんです皆。経済的に見合ってないこと。
    危険だけど、ちょっと高いけど、最先端技術を使った発電量多い便利なものって、勝手に思い込んでいるんです。この思い込みを正してほしいです。(私も思い込んでいた一人です)
    どうか、危険面だけじゃなく便利でない事を強く主張していただきたいのです。お願いします。私はこれからは反対運動に協力したいと思っています。

    1. 貴重なコメントありがとうございます。
      早速参考にさせていただきます。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です