私が原発に反対する理由その1:原発はリスク(危険)が高すぎる=安全ではない

理由その1:原発はリスク(危険)が高すぎる(=安全ではない。安全とはリスクが小さいこと。)

原発は事故が起こらない通常運転においても厄介な放射性廃棄物を生み出します。プルトニウム239の半減期は約2万4千年です。14万年後でも1/64にしかしかなりません。そのような高レベル廃棄物は、100万年ぐらい監視を続けなければならないほど危険な毒性物質です。未来の子どもや孫たちに危険な管理を押しつけることになります。捨てる場所に困る危険なゴミを無責任に出すのは止めましょう。

さらに、多くの原発が活断層や定期的に起こる海溝型巨大地震想定震源域の上に建てられており、地震や津波の脅威に対する想定が甘く、想定外が多すぎます。この度のような大震災によって事故になると、風や海流に乗って、空気、土地、海、水、食べ物などが放射能で汚染されます。

実は私が以前から祈りに覚えていたのは、福島原発よりも浜岡原発の方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です