地上を旅する途上の教会

Wed, 27 May 2009 11:39:28 JST (2978d)

「教会は神の家族である」と聖書は教えています。「神の家族」と聞くと、罪を犯さない完全な人たちの集まりを想像しないでしょうか。けれどもそのようなイメージを教会に対して持つことは誤りです。

牧師や役員は、率先して主の御言葉に聴き従うこと、熱心に悔い改めることを通して、他の人の模範となることが求められています。けれども、牧師や役員であっても、決して罪を犯さない完全な人ではないのです。

ちょうどそれぞれの家族の中に、完全なお父さんや完全なお母さんなどという人が一人もいないように。ちょうどそれぞれの家族の中に、喧嘩や争いがあるように。地上を旅する神の教会は、神の家族ではあっても、完全な家族ではないのです。地上を旅する教会は、天における完成を目指した、成長途上の教会であるからです。

ですから教会の中に、自分を教会から分離させて、「自分は正しい。自分は悔い改めるべき罪など犯してはいない」と言う人がもしおられるならば、その人は悔い改めなければなりません。

私たちは完全でないどころか、気付かずに主を十字架につけて殺すほどに罪深い者です。けれども主は、ご自身のいのちを捨てるほどに、私たちを愛して下さいました。その愛を受けて互いに赦し合い、互いに愛し合うことによって、キリストの身丈にまで、共に成長し続ける者とされましょう。