小さい事と大きい事

Thu, 07 May 2009 18:28:19 JST (3120d)

聖書箇所:ルカ福音書16:1-13

小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。ルカ16:10

人生とは、主なる神から一時的に預かったものをどう管理するのかというテストです。抜け目のない管理人のたとえは、「あなたは神から預かった一時的な人生をどう生きるのか」ということを問うています。

隠されていることが明らかにされる時、管理人は責任を問われます。管理人は苦悩し、天下りのために、必死の裏工作を考えます。利息分を帳消しにすることによって、管理人は危機を乗り越えようとしたのです。主人は管理人の抜け目なさを評価し、ほめるのでした。

主イエスは結論を語ります。『不正の富で、自分のために友をつくりなさい。そうしておけば、富がなくなったとき、彼らはあなたがたを、永遠の住まいに迎えるのです。小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょう。また、あなたがたが他人のものに忠実でなかったら、だれがあなたがたに、あなたがたのものを持たせるでしょう。…』

不正の富とは、神から一時的に預かっている地上の富です。それは小さい事です。まことの富とは、地上の旅を終えた時、天においてあなたがたのものとして神が与えて下さる永遠の富です。それが大きい事なのです。