原発は温暖化にも貢献している

Sat, 10 Jul 2010 08:48:18 JST (2663d)

今、原発によって地球温暖化を防ぐというナンセンスな議論がなされていますので、「原発は温暖化に非常に貢献している」という真実を紹介します。なお、参考にさせていただいたのは、以下のサイトです。(野町真理)

http://blog.livedoor.jp/senza_fine/

理由その1:電動ポンプによって温水となった大量の冷却水を海に排出することによって、原発は直接温暖化に貢献する

原発は大量の冷却水を必要とします。浜岡原発においてすべての原発を稼働させた場合、利根川の平均流量(291立方メートル/秒)を越える水(332立方メートル/秒)を取水し、高温(海水温+7から8度)になった同量の温水を海に排出することになります。原発は、直接温暖化に貢献しています。

理由その2:エネルギー変換効率が非常に悪いことによって、原発は温暖化に貢献する

原発の発電効率=約30%〜35%。 火力=約40% 最新火力=50%

原発が海に捨てる熱エネルギーは、発電するエネルギーの約2倍だと言われています。

原発は常に100%出力で運転しなければなりません。

また原発特有の長距離送電を考慮すると、送電ロスによってさらに効率の悪いものとなります。

原発のエネルギー変換効率は非常に悪いのです。

浜岡原発が危険です!