いのちの回復

Thu, 07 May 2009 18:58:40 JST (3116d)

ルカ福音書

いのちの回復

聖書箇所:ルカ福音書15:1-7

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。ローマ6:23

ルカ15章には3つのたとえが記されています(羊のたとえ、銀貨のたとえ、息子のたとえ)。しかし3つのたとえは関連した1つのたとえです。「たとえ」という単語が単数形であること、いずれもパリサイ人や律法学者たちに対して語られていること、以下のような共通点を持っていることが、このことを裏付ける根拠です。

1、3つの失われたもの(いのち、価値、関係) 2、3つの回復されたもの(いのち、価値、関係) 3、3つの歓喜:失われたものが見つかることによってわき起こる非常な喜び(天、神の御使いたち、父に) 4、悔い改め、主イエスと共に喜ぶことへの3度の招き:「恵みを知って、わたしといっしょに喜んで下さい!」

しかし3つのたとえはまったく同じことを語っているわけではありません。羊のたとえはいのちの回復、銀貨のたとえは価値の回復、息子のたとえは関係の回復という視点で、福音の豊かさを味わうことができます。

罪とは神から離れて生きることです。神から離れた人間は、羊飼いから離れた羊のように、いのちを失いました。しかし良き羊飼いなる主イエスは、失われた人を捜して救うために来られました。主イエスは、永遠のいのちを賜物として与えて下さるために、十字架であなたの身代わりに死なれ、よみがえられた救い主です。

のまちゃん牧師のblogでPODCASTをしています。