ハイデルベルク信仰問答より

ハイデルベルク信仰問答より

egword Universal 2

序 ただ一つの慰め

問1 生きるにも死ぬにも、あなたのただ一つの慰めは何ですか。

答 わたしがわたし自身のものではなく、体も魂も、生きるにも死ぬにも、わたしの真実な救い主イエス・キリストのものであることです。

 この方は御自分の尊い血をもってわたしのすべての罪を完全に償い、悪魔のあらゆる力からわたしを解放してくださいました。

 また、天にいますわたしの父の御旨でなければ髪の毛一本も落ちることができないほどに、わたしを守っていてくださいます。実に万事がわたしの救いのために働くのです。

 そしてまた、御自身の聖霊によりわたしに永遠の命を保証し、今から後この方のために生きることを心から喜び、またそれにふさわしくなるように、整えてもくださるのです。

問2 この慰めの中で喜びに満ちて生きまた死ぬために、あなたはどれだけのことを知る必要がありますか。

答 三つのことです。
 第一に、どれほどわたしの罪と悲惨が大きいか(第一部の内容)、

 第二に、どうすればあらゆる罪と悲惨から救われるか(第二部の内容)、

 第三に、どのようにこの救いに対して神に感謝すべきか(第三部の内容)、

 ということです。

第一部 人間の悲惨さについて

問3 何によって、あなたは自分の悲惨さに気づきますか。

答 神の律法によってです。

問4 神の律法は、
わたしたちに何を求めていますか。

答 それについてキリストは、
マタイ福音書22章で次のように
要約して教えておられます。

「『心を尽くし、精神を尽くし、
思いを尽くし、力を尽くして、
あなたの神である主を愛しなさい。
』これが最も重要な第一の掟である。



第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、
この二つの掟に基づいている。」

問5 あなたはこれらすべてのことを
完全に行うことができますか。

答 できません。なぜなら、わたしは
神と自分の隣人を憎む方へと
生まれつき心が傾いているからです。

問6 それでは、神は人をそのように邪悪で歪んだものに創造なさったのですか。

答 いいえ。むしろ神は人を良いものに、また御自分にかたどって、すなわち、まことの義と聖において創造なさいました。それは、人が自らの造り主なる神をただしく知り、心から愛し、永遠の幸いのうちを神と共に生き、そうして神をほめ歌い讃美するためでした。

問7 それでは、人のこのような腐敗した性質は何に由来するのですか。

答 わたしたちの始祖アダムとエバの、楽園における堕落と不従順からです。それで、わたしたちの本性はこのように毒され、わたしたちは皆、罪のうちにはらまれて生まれてくるのです。

問8 それでは、どのような善に対しても全く無能であらゆる悪にかたむいているというほどに、わたしたちは堕落しているのですか。

答 そうです。わたしたちが神の霊によって再生されないかぎりは。

問9 御自身の律法において人ができないようなことを求めるとは、神は人に対して不正を犯しているのではありませんか。

答 そうではありません。なぜなら、神は人がそれを行えるように人を創造されたからです。にもかかわらず、人が悪魔にそそのかされ、身勝手な不従順によって自分自身とそのすべての子孫からこの賜物を奪い去ったのです。

問10 神はそのような不従順と背反とを罰せずに見逃されるのですか。

答 断じてそうではありません。それどころか、神は生まれながらの罪についても実際に犯した罪についても、激しく怒っておられ、それらをただしい裁きによってこの世においても永遠にわたっても罰したもうのです。それは、「律法の書に書かれているすべての事を絶えず守(り行わ)ない者は皆、呪われている」と神がお語りになったとおりです。

問11 しかし、神は憐れみ深い方でもありませんか。

答 確かに神は憐れみ深い方ですが、またただしい方でもあられます。ですから、神の義は、神の至高の尊厳に対して犯される罪が、同じく最高の、すなわち永遠の刑罰をもって体と魂とにおいて罰せられることを要求するのです。

第二部 人間の救い(和解)について

ただ一人の仲保者 問12-19

問12 わたしたちが神のただしい裁きによってこの世と永遠との刑罰に値するのであれば、この刑罰を逃れ再び恵みにあずかるにはどうすればよいのですか。

答 神は、ご自身の義が満たされることを望んでおられます。ですから、わたしたちはそれに対して、自分自身によってか他のものによって、完全な償いをしなければなりません。

問13 しかし、わたしたちは自分自身で償いをすることができますか。

答 決してできません。それどころか、わたしたちは日ごとにその負債を増し加えています。

問14 それでは、単なる被造物である何かがわたしたちのために償えるのですか。

答 いいえ、できません。なぜなら、第一に、神は人間が犯した罪の罰を他の被造物に加えようとはなさらないからです。第二に、単なる被造物では、罪に対する神の永遠の怒りの重荷に耐え、かつ他のものをそこから救うことなどできないからです。

問15 それでは、わたしたちはどのような仲保者また救い主を求めるべきなのですか。

答 まことの、ただしい人間であると同時に、あらゆる被造物にまさって力ある方、すなわち、まことの神でもあられるお方です。

問16 なぜその方は、まことの、ただしい人間でなければならないのですか。

答 なぜなら、神の義は、罪を犯した人間自身がその罪を償うことを求めていますが、自ら罪人であるような人が他の人の償いをすることなどできないからです。

問17 なぜその方は、同時にまことの神でなければならないのですか。

答 その方が、御自分の神性の力によって、神の怒りの重荷をその人間性において耐え忍び、わたしたちのために義と命とを獲得し、それらを再びわたしたちに与えてくださるためです。

問18 それでは、まことの神であると同時にまことのただしい人間でもある、その仲保者とはいったいどなたですか。

答 わたしたちの主イエス・キリストです。この方は、完全な贖いと義のために、わたしたちに与えられているお方なのです。

問19 あなたはそのことを何によって知るのですか。

答 聖なる福音によってです。それを神は自ら、まず楽園で啓示し、その後、聖なる族長たちや預言者たちを通して宣べ伝え、律法による犠牲や他の儀式によって象り、御自身の愛する御子によってついに成就なさいました。

問20 それでは、アダムを通して、すべての人が堕落したのと同様に、キリストを通してすべての人が救われるのですか。

答 いいえ。まことの信仰によってこの方と結び合わされ、そのすべての恵みを受け入れる人だけが救われるのです。 

問21 まことの信仰とは何ですか。

答 それは、神が御言葉においてわたしたちに啓示されたことすべてをわたしが真実であると確信する、その確かな認識のことだけでなく、福音を通して聖霊がわたしのうちに起こしてくださる、心からの信頼のことでもあります。それによって、他の人々のみならずこのわたしにも、罪の赦しと永遠の義と救いとが神から与えられるのです。それは全く恵みにより、ただキリストの功績によるものです。

問22 それでは、キリスト者が信じるべきこととは何ですか。

答 福音において(新旧約聖書が一貫して語っている聖なる福音において)
わたしたちに約束されていることすべてです。わたしたちの公同の疑いなきキリスト教信仰箇条が、それを要約して教えています。

問23 それはどのようなものですか。

答  (使徒信条全文引用 裏面参照)
我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず。
我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。
  主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ、
  ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、
  死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内よりよみがえり、
  天にのぼり、全能の父なる神の右に座したまえり。
  かしこより来りて生ける者と死ねる者とを裁きたまわん。
我は聖霊を信ず。
 聖なる公同の教会、聖徒の交わり、
 罪のゆるし、からだのよみがえり、永遠の命を信ず。
 アーメン。
  

問24 これらの箇条はどのように分けられますか。

答 三つに分けられます。
  第一に、父なる神と、わたしたちの創造について、
  第二に、子なる神と、わたしたちの贖いについて、
  第三に、聖霊なる神と、わたしたちの聖化についてです。

問25 ただ一人の神がおられるだけなのに、なぜあなたは父、子、聖霊と三通りに呼ぶのですか。

答 それは、神が御自身についてそのように、
  すなわち、これら三つの位格が唯一まことの永遠の神であると、
  その御言葉において啓示なさったからです。 

問26 「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」と唱える時、あなたは何を信じているのですか。

答 天と地とその中にあるすべてのものを無から創造され、それらを永遠の熟慮と摂理とによって、今も保ち支配しておられる、わたしたちの主イエス・キリストの永遠の御父が、御子キリストのゆえに、わたしの神またわたしの父であられる、ということです。

わたしはこの方により頼んでいますので、この方が体と魂に必要なものすべてを、わたしに備えてくださること、また、たとえこの涙の谷間へ、いかなる災いを下されたとしても、それらをわたしのために益としてくださることを、信じて疑わないのです。

なぜなら、この方は、全能の神としてそのことがおできになるばかりか、真実な父としてそれを望んでもおられるからです。

問27 神の摂理について、あなたは何を理解していますか。

 
答 全能かつ現実の、神の力です。それによって神は天と地とすべての被造物を、いわばその御手をもって、今なお保ちまた支配しておられるので、木の葉も草も、雨もひでりも、豊作の年も不作の年も、食べ物も飲み物も、健康も病も、富も貧困も、すべてが偶然によることなく、父親らしい御手によって、わたしたちにもたらされるのです。

問28 神の創造と摂理を知ることによって、わたしたちはどのような益を受けますか。

 
答 わたしたちが逆境においては忍耐強く、順境においては感謝し、将来についてはわたしたちの真実な父なる神をかたく信じ、どんな被造物も、この方の愛からわたしたちを引き離すことはできないと確信できるようになる、ということです。
なぜなら、あらゆる被造物はこの方の御手の中にあるので、御心によらないでは、動くことも動かされることもできないからです。

問29 なぜ神の御子は「イエス」すなわち「救済者」と呼ばれるのですか。

答 それは、この方がわたしたちを、わたしたちの罪から救ってくださるからであり、唯一の救いをほかの誰かに求めたり、ましてや見出すことなどできないからです。

問30 それでは、自分の幸福や救いを聖人や自分自身やほかのどこかに求めている人々は、唯一の救済者イエスを信じていると言えますか。

答 いいえ。たとえ彼らがこの方を誇っていたとしても、その行いにおいて、彼らは唯一の救済者また救い主であられるイエスを否定しているのです。なぜなら、イエスが完全な救い主ではないとするか、そうでなければ、この救い主を真実な信仰をもって受け入れ、自分の救いに必要なことすべてを、この方のうちに持たねばならないか、どちらかだからです。

問31 なぜこの方は「キリスト」すなわち「油注がれた者」と呼ばれるのですか。

答 なぜなら、この方は父なる神から次のように任職され、聖霊によって油注がれたからです。すなわち、わたしたちの最高の預言者また教師として、わたしたちの贖いに関する、神の隠された熟慮と御意志とを、余すところなくわたしたちに啓示し、わたしたちの唯一の大祭司として、ご自身の体による唯一の犠牲によってわたしたちを贖い、御父の御前でわたしたちのために絶えず執り成し、わたしたちの永遠の王として、御自分の言葉と霊とによってわたしたちを治め、獲得なさった贖いのもとにわたしたちを守り保ってくださるのです。

問32 しかし、なぜあなたが「キリスト」者と呼ばれるのですか。

答 なぜなら、わたしは信仰によってキリストの一部となり、その油注ぎにあずかっているからです。それは、わたしもまたこの方の御名を告白し、生きた感謝の献げ物として自らをこの方に献げ、この世においては自由な良心をもって罪や悪魔と戦い、ついには全被造物をこの方と共に永遠に支配するためです。

問33 わたしたちも神の子であるのに、なぜこの方は神の「独り子」と呼ばれるのですか。

 
答 なぜなら、キリストだけが永遠からの本来の神の御子だからです。わたしたちはこの方のおかげで、恵みによって神の子とされているのです。

問34 あなたはなぜこの方を「我らの主」と呼ぶのですか。

 
答 この方が、金や銀ではなく御自身の尊い血によって、わたしたちを罪と悪魔のすべての力から解放し、また買い取ってくださり、わたしたちの体も魂もすべてを御自分のものとしてくださったからです。

問35 「主は聖霊によりてやどり、処女マリヤより生まれ」とは、どういう意味ですか。

答 永遠の神の御子、すなわち、まことの永遠の神であり、またあり続けるお方が、聖霊の働きによって、処女マリヤの血と肉とから、まことの人間性をお取りになった、ということです。それは、御自身もまたダビデのまことの子孫となり、罪を別にしては、すべての点で兄弟たちと同じようになるためでした。

問36 キリストの聖なる受肉と誕生によって、あなたはどのような益を受けますか。

答 この方がわたしたちの仲保者であられ、御自身の無罪性と完全なきよさとによって、罪のうちにはらまれたわたしのその罪を、神の御顔の前で覆ってくださる、ということです。

問37 「苦しみを受け」という言葉によって、あなたは何を理解しますか。

答 キリストがその地上での全生涯、とりわけその終わりにおいて、全人類の罪に対する神の御怒りを体と魂に負われた、ということです。それは、この方が唯一のいけにえとして、御自身の苦しみによって、わたしたちの体と魂とを永遠の刑罰から解放し、わたしたちのために神の恵みと義と永遠の命とを獲得してくださるためでした。

問38 なぜこの方は、裁判官「ポンテオ・ピラトのもとに」苦しみを受けられたのですか。

答 それは、罪のないこの方が、この世の裁判官による刑罰をお受けになることによって、わたしたちに下されるはずの神の厳しい審判から、わたしたちを免れさせるためでした。

問39 その方が「十字架につけられ」たことには、何か別の死に方をする以上の意味があるのですか。

答 あります。それによって、わたしは、この方がわたしの上にかかっていた呪いを、御自身の上に引き受けてくださったことを、確信するのです。なぜなら、十字架の死は神に呪われたものだからです。

問40 なぜキリストは「死」を苦しまなければならなかったのですか。

答 なぜなら、神の義と真実のゆえに、神の御子の死による以外には、わたしたちの罪を償うことができなかったからです。

問41 なぜこの方は「葬られ」たのですか。

答 それによって、この方が本当に死なれたということを証しするためです。

問42 キリストがわたしたちのために死んでくださったのなら、どうしてわたしたちも死ななければならないのですか。

答 わたしたちの死は、自分の罪に対する償いなのではなく、むしろ罪との決別であり、永遠の命への入口なのです。

問43 十字架上でのキリストの犠牲と死から、わたしたちはさらにどのような益を受けますか。

答 この方の御力によって、わたしたちの古い自分が、
この方と共に十字架につけられ、死んで、葬られる、
ということです。
それによって、肉の邪悪な欲望が、もはやわたしたちを支配することなく、かえってわたしたちは、自分自身を感謝のいけにえとして、この方へ献げるようになるのです。

問44 なぜ「陰府にくだり」と続くのですか。

答 それは、わたしが最も激しい試みの時にも次のように確信するためです。すなわち、わたしの主キリストは、十字架上とそこに至るまで、御自身もまたその魂において忍ばれてきた、言い難い不安と苦痛と恐れとによって、地獄のような不安と痛みから、わたしを解放してくださったのだ、と。

問45 キリストの「よみがえり」は、わたしたちにどのような益をもたらしますか。

答 第一に、この方がそのよみがえりによって死に打ち勝たれ、そうして、御自身の死によって、わたしたちのために獲得された義に、わたしたちをあずからせてくださる、ということ。
第二に、その御力によって、わたしたちも今や新しい命に生き返らされている、ということ。
第三に、わたしたちにとって、キリストのよみがえりは、わたしたちの祝福に満ちたよみがえりの確かな保証である、ということです。

問46 あなたは「天にのぼり」をどのように理解しますか。

答 キリストが弟子たちの目の前で地上から天に上げられ、生きている者と死んだ者とを裁くために再び来られる時まで、わたしたちのためにそこにいてくださる、ということです。

問47 それでは、キリストは、約束なさったとおり、世の終わりまでわたしたちと共におられる、というわけではないのですか。

答 キリストは、まことの人間でありまことの神であられます。この方は、その人間としてのご性質においては、今は地上におられませんが、その神性、威厳、恩恵、霊においては、片時もわたしたちから離れてはおられないのです。

問48 しかし、人間性が神性のある所どこにでもある、というわけではないのならば、キリストの二つの性質は、互いに分離しているのではありませんか。

答 決してそうではありません。なぜなら、神性は捉えることができず、どこにでも臨在するのですから、確かにそれが取った人間性の外にもあれば、同時に人間性の内にもあって、絶えず人間性と人格的に結合しているのです。

問49 キリストの昇天は、わたしたちにどのような益をもたらしますか。


第一に、この方が天において御父の面前で、わたしたちの弁護者となっておられる、ということ。

第二に、わたしたちがその肉体を天において持っている、ということ。それは、頭であるキリストが、この方の一部であるわたしたちを、御自身のもとにまで引き上げてくださる一つの確かな保証である、ということです。

第三に、この方がその保証のしるしとして、御自分の霊をわたしたちに送ってくださる、ということ。その御力によってわたしたちは、地上のことではなく、キリストが神の右に座しておられる天上のことを求めるのです。

問50 なぜ「神の右に座したまえり」と付け加えるのですか。

答 なぜなら、キリストが天に昇られたのは、そこにおいて御自身がキリスト教会の頭であることをお示しになるためであり、この方によって御父は万物を統治なさるからです。

問51 わたしたちの頭であるキリストのこの栄光は、わたしたちにどのような益をもたらしますか。

答 第一に、この方が御自身の聖霊を通して、御自身の部分であるわたしたちのうちに、天からの賜物を注ぎ込んでくださる、ということ。そうして次に、わたしたちをその御力によって、すべての敵から守り支えてくださる、ということです。

問52 「生ける者と死ねる者とを審」かれるためのキリストの再臨は、あなたをどのように慰めるのですか。

答 わたしがあらゆる悲しみや迫害の中でも頭を上げて、かつてわたしのために神の裁きに自らを差し出し、すべての呪いをわたしから取り去ってくださった、まさにその裁き主が天から来られることを待ち望むように、です。
 この方は、御自分とわたしの敵を、ことごとく永遠の刑罰に投げ込まれる一方、わたしを、すべての選ばれた者たちと共にその御許へ、すなわち天の喜びと栄光の中へと、迎え入れてくださるのです。

問53 「聖霊」について、あなたは何を信じていますか。

答 第一に、この方が御父や御子と同様に永遠の神であられる、ということ、
第二に、この方はわたしに与えられたお方でもあり、まことの信仰によって、キリストとそのすべての恵みにわたしをあずからせ、わたしを慰め、永遠にわたしと共にいてくださる、ということです。

問54 「聖なる公同の教会」について、あなたは何を信じていますか。

答 神の御子が、全人類の中から、
御自身のために永遠の命へと選ばれた一つの群れを、
御自分の御霊と御言葉とにより、
まことの信仰の一致において、
世の初めから終わりまで集め、守り、保たれる、
ということ。
そしてまた、わたしがその群れの生きた部分であり、
永遠にそうあり続ける、ということです。

問55 「聖徒の交わり」について、あなたは何を理解していますか。


第一に、信徒は誰であれ、群れの一部として、
主イエスとこの方のあらゆる富と賜物に
あずかっている、ということ。
第二に、各自は自分の賜物を、
他の部分の益と救いとのために、
自発的に喜んで用いる責任があることを
わきまえなければならない、ということです。

問56 「罪のゆるし」について、あなたは何を信じていますか。

答 神が、キリストの償いのゆえに、わたしのすべての罪と、さらにわたしが生涯戦わなければならない罪深い性質をも、もはや覚えようとはなさらず、それどころか、恵みにより、キリストの義をわたしに与えて、わたしがもはや決して、裁きにあうことのないようにしてくださる、ということです。

問57 「身体のよみがえり」は、あなたにどのような慰めを与えますか。

答 わたしの魂が、この生涯の後直ちに、
頭なるキリストのもとへ迎え入れられる、
というだけではなく、やがてわたしのこの体もまた、
キリストの御力によって引き起こされ、
再びわたしの魂と結び合わされて、
キリストの栄光の御体と同じ形に変えられる、
ということです。

問58 「永遠の命」という箇条は、あなたにどのような慰めを与えますか。

答 わたしが今、永遠の喜びの始まりを
心に感じているように
この生涯の後には、目が見もせず耳が聞きもせず、
人の心に思い浮かびもしなかったような
完全な祝福を受け、
神を永遠にほめたたえるようになる、ということです。

問59 それでは、これらすべてを信じることは、あなたにとって今どのような助けになりますか。

答 わたしが、キリストにあって神の御前で義とされ、永遠の命の相続人となる、ということです。

問60 どのようにしてあなたは神の御前で義とされるのですか。

答 ただイエス・キリストを信じる、まことの信仰によってのみです。すなわち、たとえわたしの良心がわたしに向かって、「お前は神の戒めすべてに対して、はなはだしく罪を犯しており、それを何一つ守ったこともなく、今なお絶えずあらゆる悪に傾いている」と責め立てたとしても、神は、わたしのいかなる功績にもよらず、ただ恵みによって、キリストの完全な償いと義と聖とをわたしに与え、わたしのものとし、あたかもわたしが何一つ罪を犯したことも罪人であったこともなく、キリストがわたしに代わって果たされた服従を、すべてわたし自身が成し遂げたかのように、みなしてくださいます。そして、そうなるのはただ、わたしがこのような恩恵を、信仰の心で受け入れる時だけなのです。

問61 なぜあなたは信仰によってのみ義とされる、と言うのですか。

答 それは、わたしが自分の信仰の価値のゆえに神に喜ばれる、というのではなく、ただキリストの償いと義と聖だけが、神の御前におけるわたしの義なのであり、わたしは、ただ信仰による以外に、それを受け取ることも、自分のものにすることもできないからです。

問62 しかしなぜ、わたしたちの善い行いは、神の御前で義またはその一部にすらなることができないのですか。

答 なぜなら、神の裁きに耐えうる義とは、あらゆる点で完全であり、神の律法に全く一致するものでなければなりませんが、この世におけるわたしたちの最善の行いですら、ことごとく不完全であり、罪に汚れているからです。

問63 しかし、わたしたちの善い行いは、神がこの世と後の世でそれに報いてくださるというのに、それでも何の値打ちもないのですか。

答 その報酬は、功績によるのではなく、恵みによるのです。

問64 この教えは、無分別で放縦な人々を作るのではありませんか。

答 いいえ。なぜなら、まことの信仰によってキリストに接ぎ木された人々が、感謝の実を結ばないことなど、ありえないからです。

問65 ただ信仰のみが、わたしたちをキリストとそのすべての恵みにあずからせるのだとすれば、そのような信仰はどこから来るのですか。

答 聖霊が、わたしたちの心に、聖なる福音の説教を通してそれを起こし、聖礼典の執行を通してそれを確かにしてくださるのです。

問66 礼典とは何ですか。

答 それは、神によって制定された、目に見える聖なるしるしまた封印であって、神は、その執行を通して、福音の約束をよりよくわたしたちに理解させ、封印なさるのです。その約束とは、十字架上で成就されたキリストの唯一の犠牲のゆえに、神が、恵みによって、罪の赦しと永遠の命とをわたしたちに注いでくださる、ということです。

問67 それでは、御言葉と礼典というこれら二つのことは、わたしたちの救いの唯一の土台である十字架のイエス・キリストの犠牲へと、わたしたちの信仰を向けるためにあるのですか。

答 そのとおりです。なぜなら、聖霊が福音において教え、聖礼典を通して確証しておられることは、わたしたちのために十字架上でなされたキリストの唯一の犠牲に、わたしたちの救い全体がかかっている、ということだからです。

問68 新約において、キリストはいくつの礼典を制定なさいましたか。

答 二つです。聖なる洗礼と聖晩餐です。

問69 あなたは聖なる洗礼において、十字架上でのキリストの唯一の犠牲があなたの益になることを、どのように思い起こしまた確信させられるのですか。

答 次のようにです。キリストがこの外的な水の洗いを制定された時、約束なさったことは、わたしがわたしの魂の汚れ、すなわち、わたしのすべての罪を、この方の血と霊とによって確実に洗っていただける、ということ。そして、それは日頃体の汚(よご)れを落としているその水で、わたしが外的に洗われるのと同じくらい確実である、ということです。

問70 キリストの血と霊とによって洗われるとは、どういうことですか。

答 それは、十字架上での犠牲において、わたしたちのために流されたキリストの血のゆえに、恵みによって、神から罪の赦しを得る、ということです。さらに、聖霊によって新しくされ、キリストの一部分として聖別される、ということでもあります。それは、わたしたちが次第(しだい)次第に罪に死に、いっそう敬虔で潔白な生涯を歩むためなのです。

問71 わたしたちが洗礼の水によるのと同じく、この方の血と霊とによって確実に洗っていただけるということを、キリストはどこで約束なさいましたか。

答 洗礼の制定の箇所に、次のように記されています。「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授けなさい」、(「信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける」。)
この約束は、聖書が洗礼を「新たに造りかえる洗い」とか「罪の洗い清め」と呼んでいる箇所でも繰り返されています。

問72 それでは、外的な水の洗いは、罪の洗い清めそのものなのですか。

答 いいえ。ただイエス・キリストの血と聖霊のみが、わたしたちをすべての罪から清めてくださるのです。

杉戸キリスト教会地図2016

あなたのただ一つの慰め

あなたのただ一つの慰め

杉戸キリスト教会地図2016

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2018

シクラメン

主の祈りのメッセージの続き

20180107新年礼拝メッセージ「国と力と栄えはとこしえにあなたのもの」(クリックで聴けます)

20180114礼拝メッセージ「アーメン」(クリックで聴けます)

ピリピ人への手紙のメッセージ

20180121礼拝メッセージ「喜びをもって生きる」(クリックで聴けます)

20180128礼拝メッセージ「良き生と良き死」(クリックで聴けます)

20180204聖餐礼拝メッセージ「キリストにならいて」(クリックで聴けます)

20180211礼拝メッセージ「人材派遣」(クリックで聴けます)

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2017はこちら

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2016はこちら

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2015はこちら

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2014はこちら

杉戸キリスト教会地図2016

杉戸キリスト教会礼拝メッセージ2014

コリント人への手紙第一講解
20140101新年礼拝メッセージ「男性と女性」(クリックで聴けます)

20140105聖餐礼拝メッセージ「神の教会」(クリックで聴けます)

20140112新成人祝福礼拝メッセージ「霊的ギフト」(クリックで聴けます)

20140119礼拝メッセージ「多くの部分」(クリックで聴けます)

20140126礼拝メッセージ「ひとつ」(クリックで聴けます)

20140202聖餐礼拝メッセージ「いつまでも残るもの」(クリックで聴けます)

20140209礼拝メッセージ「預言と異言」(クリックで聴けます)

20140216礼拝メッセージ「平和の神」(クリックで聴けます)

20140223礼拝メッセージ「適切に秩序をもって」(クリックで聴けます)

20140302聖餐礼拝メッセージ「最も大切なこと」(クリックで聴けます)

20140309礼拝メッセージ「一番哀れな者」(クリックで聴けます)

20140316礼拝メッセージ「万物をその足の下に」(クリックで聴けます)

20140323礼拝メッセージ「刹那に生きる理由」(クリックで聴けます)

20140330礼拝メッセージ「天上のかたち」(クリックで聴けます)

20140406聖餐礼拝メッセージ「いつも主のわざに励め」(クリックで聴けます)

20140413礼拝メッセージ「いっさいのことを愛をもって」(クリックで聴けます)

コリント人への手紙第二講解
20140420復活祭召天者記念礼拝メッセージ「すべての慰めの神」(クリックで聴けます)

20140427礼拝メッセージ「確認の印と保証」(クリックで聴けます)

20140504聖餐礼拝メッセージ「サタンの策略」(クリックで聴けます)

20140511母の日歓迎礼拝メッセージ「キリストのかおり」(クリックで聴けます)

20140518礼拝メッセージ「キリストの手紙」(クリックで聴けます)

20140525礼拝メッセージ「御霊なる主の働き」(クリックで聴けます)

20140601聖餐礼拝メッセージ「重い永遠の栄光」(クリックで聴けます)

20140608聖霊降臨日・国外宣教デー礼拝メッセージ「保証としての御霊」(クリックで聴けます)

20140615父の日歓迎礼拝メッセージ「報いを受ける」(クリックで聴けます)

20140622礼拝メッセージ「すべてが新しく」(クリックで聴けます)

20140629礼拝メッセージ「キリストの使節」(クリックで聴けます)

20140706聖餐礼拝メッセージ「恵みの時」(クリックで聴けます)

20140713バイブルキャンプデー礼拝メッセージ「生ける神の宮」(クリックで聴けます)

20140720礼拝メッセージ「気落ちした者を慰めてくださる神」(クリックで聴けます)

20140727礼拝メッセージ「神のみこころに添った悲しみ」(クリックで聴けます)

20140803聖餐礼拝メッセージ「キリストの貧しさによって」(クリックで聴けます)

20140810歓迎礼拝 with 韓国短期宣教チーム「あなたの愛を示してほしい」(クリックで聴けます)

20140817礼拝メッセージ「絶大な神の恵みのゆえに」(クリックで聴けます)

20140907聖餐礼拝メッセージ「祈りの力」(クリックで聴けます)

20140914敬老の日歓迎礼拝メッセージ「自己推薦ではなく」(クリックで聴けます)

20140921礼拝メッセージ「変装」(クリックで聴けます)

20140928礼拝メッセージ「パウロの自慢話」(クリックで聴けます)

20141005聖餐礼拝メッセージ「弱さという贈り物」(クリックで聴けます)

20141012礼拝メッセージ「愛すれば愛するほど」(クリックで聴けます)

20141019礼拝メッセージ「相手に失望しない秘訣」(クリックで聴けます)

20141026講壇交換礼拝メッセージ「閉塞感を突き破るもの」(クリックで聴けます)

20141102聖餐礼拝メッセージ「恵みと愛と交わり」(クリックで聴けます)

エペソ人への手紙から結婚に関するメッセージ
20141109礼拝メッセージ「妻たちへのメッセージ」(クリックで聴けます)

20141116礼拝メッセージ「夫たちへのメッセージ」(クリックで聴けます)

20141123礼拝メッセージ「チャーチ・ウエディング」(クリックで聴けます)

クリスマス5W1H(What, Who, When, Where, Why, and How)

20141130礼拝メッセージ「クリスマス5W1H 何?」(クリックで聴けます)

20141207礼拝メッセージ「クリスマス5W1H 誰?」(クリックで聴けます)

20141214礼拝メッセージ「クリスマス5W1H いつ?」(クリックで聴けます)

20141221クリスマス歓迎礼拝メッセージ「クリスマス5W1H どこ?」(クリックで聴けます)

20141224クリスマスイブ礼拝メッセージ「クリスマス5W1H なぜ?」(クリックで聴けます)

20141228礼拝メッセージ「クリスマス5W1H どのように?」(クリックで聴けます)

関東宣教区講壇交換メッセージ「時が来れば実現するもの」

関東宣教区講壇交換メッセージ「時が来れば実現するもの」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ルカ福音書1章1−20節

2013年10月20日に枝川愛の教会にて

メッセンジャー:野町真理(のまちしんり) 杉戸キリスト教会牧師

「時が来れば実現するもの」= 閉塞感を突き破るもの=世界宣教のブレイクスルー

主題:神の言葉は、人間の無力さや不信仰を越えて、時が来れば必ず実現する。

ですから、見なさい。
これらのことが起こる日までは、
あなたは、ものが言えず、話せなくなります。
私のことばを信じなかったからです。
私のことばは、その時が来れば実現します。」
ルカ福音書1章20節

礼拝メッセージ「怒りを下す神は不正か」ローマ7

礼拝メッセージ「怒りを下す神は不正か」ローマ7(クリックで聴けます)

聖書箇所:ローマ人への手紙3章1ー18節

しかし、もし私たちの不義が神の義を明らかにするとしたら、どうなるでしょうか。人間的な言い方をしますが、怒りを下す神は不正なのでしょうか。絶対にそんなことはありません。もしそうだとしたら、神はいったいどのように世をさばかれるのでしょう。でも、私の偽りによって、神の真理がますます明らかにされて神の栄光となるのであれば、なぜ私がなお罪人としてさばかれるのでしょうか。「善を現すために、悪をしようではないか」と言ってはいけないのでしょうか‐‐私たちはこの点でそしられるのです。ある人たちは、それが私たちのことばだと言っていますが。‐‐もちろんこのように論じる者どもは当然罪に定められるのです。では、どうなのでしょう。私たちは他の者にまさっているのでしょうか。決してそうではありません。私たちは前に、ユダヤ人もギリシヤ人も、すべての人が罪の下にあると責めたのです。ローマ3章5-9節

悲惨な出来事の中で、「神がいるならどうしてこんなことが起こるのか?」という問いが生じます。

この問いの背後には、「怒りを下す神は不正である」という人間中心的な神学があります。「愛の神は正しいが、怒りを下す神は正しくない」、「赦す神は正しいが、裁く神は間違っている」というような考えです。このような神学は、「十字架を必要としない見せかけの神の愛と赦し」に行き着きます。

このような人間中心的な神学に対して、パウロは、「絶対にそんなことはありません」と強調します。

本当の神は、私たちの身代わりとして、十字架に磔にされたひとり子イエス・キリストの上に、容赦のない怒りを下された神です。

福音主義に立つ日本同盟基督教団

福音主義に立つ日本同盟基督教団 2008年松原湖研修会資料

講演1  福音主義の歴史  山口陽一師
講演2  福音主義と現代  遠藤勝信師
講演3  福音主義と将来  中谷美津雄師
聖 会  聖書信仰に生きる 岡村又男師