あらゆる国の人々を

あらゆる国の人々を

杉戸キリスト教会地図2016

何としてもの国外宣教 吉持章師

何としてもの国外宣教 吉持章師

映画「ミッション THE MISSION」

この映画の脚本は史実をもとに書かれているが、まず宗教改革以降の国外宣教という視点から見ると、プロテスタントよりも早い時期に、国外に宣教師を派遣したローマ・カトリック教会の素晴らしさを覚えた。

南米のイグアスの滝に、十字架に磔にされた宣教師が落ちていく場面から映画は始まる。

殉教者が起こされた故に、新たな宣教師が派遣されることになった。そして音楽の賜物が与えられていた後続宣教師によって、頑なであった現地のインディアンたちの心が開かれ、多くの人々がキリスト教に帰依していくことになった。ジャングルの中、武器を持った現地の人たちに取り囲まれた宣教師が、「ガブリエルのオーボエ」という曲を奏でた時、賛美の調べが人々の琴線に触れ、宣教の門が開かれていくシーンは感動的だった。

やがて宣教(ミッション)は目に見える形で大成功を収める。現地に教会堂が建てられ、抜群の音楽的センスを持つ現地の人々は、美しい声で神を賛美する者とされた。人々は勤勉に働き、少なからずの収益を得るようにもなっていった。

しかし、国と国との間に利権争いが起こり、宣教師の派遣母体であるイエスズ会も政治的理由から現地の教会を切り捨ててしまう。最終的に現地の教会、村の人々は、現地にとどまった宣教師たちと共に、武力、軍事力をもって虐殺されるに至る。

1755年、イグアスの滝上流に住むグァラニー・インディオたちがカアイパテの戦いでスペイン軍に滅ぼされた史実が脚色されて描かれる。その際、何人かの宣教師たちは武器をもって戦ったが、銃弾に倒れていった。しかし一人の宣教師は非暴力を貫き、武器ではなく十字架を掲げ、神を賛美しながら行進し、銃弾に倒れていった。

あなたが宣教師の立場であるなら、どういう行動に出るだろうか?もし私がそのような立場に立たせられたなら、人間的な怒りや憎しみに主の祈りをもって打ち勝ち、非暴力を貫きたいと心から願う。

国外宣教の恵みー受けるよりも与えるほうが幸いである

GRACE OF MISSION1

GRACE OF MISSION2

MISSION TRIP TAIWAN「When Love comes to the town 愛が町に来た時」

MISSION TRIP TAIWAN「When Love comes to the town(愛が町に来た時)」

聖書箇所:ルカ福音書19章1-10節

看哪!我站在門外敲門;如果有人聽見我的聲音就開門的,我要進到他那裡去,我要跟他在一起,他也要跟我在一起吃飯。

「お金があれば何でも出来る」、「もっとお金があれば幸せになれる」。 そんなことを私たちは考えてしまうのではないでしょうか? けれども、よく考えてみると、世の中にはお金で買えないものがたくさんあることがわかります。本当の友達、本当に自分を愛してくれる人、本当に自分のことを大切にしてくれる人、健康、平安、安眠などなど…。実は本当に大切なものは、お金では買えないのです。 聖書の中にザアカイという名前の人が登場します。ザアカイは取税人のかしらで金持ちでしたが、孤独の中をひとりぼっちで生きていました。

キセル、わいろ、恐喝、詐欺。現代に生かされている私たちも、お金に関わる事件を毎日のように耳にします。また、保険金目当ての殺人なども起こっています。お金のために、人を裏切り、だまし、殺すという罪にまみれた生き方をしている人が、やはり多いように感じます。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もありますが、お金目当てで利用し、利用されるだけの付き合いも多くあります。本当の友、本当に自分を受け入れてくれる人、本当に自分を愛してくれる人がいない殺伐とした中で、今も多くの人が、お金のために不幸な人生を歩んでいます。あなたはどうでしょうか?お金持ちでもそうでなくても、本当の幸せに生きる道があることをご存知でしょうか?

イエス・キリストは、あのエリコの町のザアカイの所に来て下さったように、あなたの住んでおられる町、あなたの家にも来てくださるお方です。イエス様は、あなたを捜して救うために、あなたの所に足を運んでくださるお方なのです。 なぜなら、イエス様はあなたを愛しておられるからです。いのちをかけても惜しくないというあなたへの愛を、イエス様はあの十字架の上で最高に表わしてくださいました。イエス様は私たちの罪のために、十字架でいのちを投げ出してくださいましたが、3日目に復活されて、今も生きておられるお方です。

「人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」と、イエス様はおっしゃいました。人の子とはイエス様がご自分のことを指してよく使われた言葉です。天地万物を創造されたまことの神であるイエス様は、私たちの造り主です。そして私たち人間は、この造り主なる神様に背を向けて罪の道を歩み続けています。けれどもその造り主なる神、イエス様は、失われた人を捜して救うために、肉体を持った人間となって、あなたの所に来て下さったのです。イエス様がこの世に来て下さった理由は、失われたあなたを捜して救うためだったのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

Mission Trip TAIWAN

ミッショントリップ台湾 Mission Trip Taiwan

祈りによって台湾に派遣され、祈りによって日本に無事帰還することができました。感謝します。

今回の旅は、北部、中部、南部の3チームに分かれて各地域の教会を訪問し、奉仕と交わりの時が与えられました。主日にそれぞれの地域教会で共に主を礼拝することができたのが最高の喜びでした。

私は中部チームとして台中を訪問し、齋藤宣教師ご家族と親しいお交わりの時が与えられました。北台中教会、ワイプ教会、愛家(アイジャ)教会を訪問することができました。

木曜:夕方に台北YMCAに到着、夕食後、顔合わせとチームごとのミーティング。

金曜:朝に車で台中に向かいました。途中新幹線が横を走り抜けていきました。昼は鹿港(ルーガン)を訪れ、夜に北台中教会を訪問しました。鹿港では古いお寺を訪れました。台湾人は非常に宗教心が厚く、真剣に拝んでいる姿が印象的でした。その後古い町並みを食べ歩き、鹿港民俗文物館を見学しました。民俗文物館は台湾の名門のお屋敷で、この世の栄華を極めたような装飾や骨董品などが印象的でした。てんそく用の小さな靴も展示されており、男尊女卑の旧習を覚えました。

土曜:午前はワイプ教会を訪れ、伝道集会で奉仕しました。お金持ちであったけれども幸せでなかったザアカイを訪ねたイエス様のお話をしたのですが、日本以上に拝金主義だということで、メッセージが集まった人たちの必要にマッチしていたようです。午後にキャンプ場見学、休憩、夕食の後、夜は愛家教会の青年集会に集うことができました。祈りと賛美に溢れた元気な集会でした。クリス・トムリンの曲などを熱く賛美してました。日本の地図をホワイトボードにササッと書いて、日本のために祈っている青年たちに感動しました。

日曜:愛家教会の礼拝式に参加。賛美と祈りの中で、天に突き抜けるような聖霊の感動を覚えることのできた素晴らしい礼拝でした。愛餐会の後、荷物をピックアップして台北に向かいました。台北では夕食を食べながらそれぞれのチームの報告と分かち合いがなされ、数え切れない恵みを少しだけ数えました。台湾人は日本人に対してとても親切で、終始暖かいもてなしを受けることができました。

台中は南北へと向かう交通の要所であり、かつおいしい果物が豊富なので、本当にエリコのような町だなと感じました。台湾バナナ、ドラゴンフルーツ(火龍果)、スターフルーツ(楊桃)、スイカ、パイナップル、オレンジ、柿、蓮霧(リエンウー)などなど、ほんとにおいしかったです。謝謝!

また、台湾の教会も、日本の教会と同じように、様々な痛みや苦しみを味わっていることを覚えることができました。ですから、1コリント 10:13 のみことば、『あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。 』が心に浮かんできました。