古利根の流れのほとりに植えられて

「古利根の流れのほとりに植えられて」

 野町真理(のまちしんり) 杉戸キリスト教会牧師

杉戸キリスト教会は、日光街道沿いの埼玉県北葛飾郡杉戸町清地にあります。東武スカイツリーラインの東武動物公園駅東口から徒歩10分程です。東に向かって江戸川を渡ると千葉、さらに利根川を渡ると茨城になります。西に向かって古利根川を渡ると宮代町、日本工業大学があります。南に向かうと春日部で、北千住までは30分ほど。北に向かうと幸手、圏央道幸手ICから10分弱で教会に来れます。

板東太郎と呼ばれる利根川のおかげで関東平野ができ、晴れた日には筑波山や富士山が見えます。徳川幕府は江戸が水浸しにならないように東京湾に注いでいた利根川河口を銚子に移しました。杉戸キリスト教会前の旧日光街道が、かつての利根川土手だったそうです。

杉戸キリスト教会は、埼玉県で2番目に開拓された教会です。内村鑑三師の「聖書の研究」には、「埼玉県杉戸町清地会堂にて講演」とあります。しかし戦後、教会の歩みは風前の灯火でした。そのような時、辻浦定俊・みつ子牧師夫妻がこの地に遣わされ、涙の祈りと献身によって教会は再建されました。1954年から1996年まで杉戸愛児園をしていました。卒園児童数は2871名です。

辻浦牧師夫妻の後は高氏博史・純子牧師夫妻が労され、2007年春に野町真理牧師が就任しました。古利根の流れのほとりに植えられた杉戸キリスト教会は、いつの時代にも変わらない聖書から、いつまでも残るものを学び続けています。これからの歴史はあなたと共に。

杉戸キリスト教会清地チャペル

古利根の水面に映る富士の山

古利根の水面に映る富士の山

古利根の 水面に映る 富士の山
杉戸の町は いと美しき