古利根の流れのほとりに植えられて

「古利根の流れのほとりに植えられて」

 野町真理(のまちしんり) 杉戸キリスト教会牧師

杉戸キリスト教会は、日光街道沿いの埼玉県北葛飾郡杉戸町清地にあります。東武スカイツリーラインの東武動物公園駅東口から徒歩10分程です。東に向かって江戸川を渡ると千葉、さらに利根川を渡ると茨城になります。西に向かって古利根川を渡ると宮代町、日本工業大学があります。南に向かうと春日部で、北千住までは30分ほど。北に向かうと幸手、圏央道幸手ICから10分弱で教会に来れます。

板東太郎と呼ばれる利根川のおかげで関東平野ができ、晴れた日には筑波山や富士山が見えます。徳川幕府は江戸が水浸しにならないように東京湾に注いでいた利根川河口を銚子に移しました。杉戸キリスト教会前の旧日光街道が、かつての利根川土手だったそうです。

杉戸キリスト教会は、埼玉県で2番目に開拓された教会です。内村鑑三師の「聖書の研究」には、「埼玉県杉戸町清地会堂にて講演」とあります。しかし戦後、教会の歩みは風前の灯火でした。そのような時、辻浦定俊・みつ子牧師夫妻がこの地に遣わされ、涙の祈りと献身によって教会は再建されました。1954年から1996年まで杉戸愛児園をしていました。卒園児童数は2871名です。

辻浦牧師夫妻の後は高氏博史・純子牧師夫妻が労され、2007年春に野町真理牧師が就任しました。古利根の流れのほとりに植えられた杉戸キリスト教会は、いつの時代にも変わらない聖書から、いつまでも残るものを学び続けています。これからの歴史はあなたと共に。

杉戸キリスト教会清地チャペル

60周年記念礼拝パンフレット

60周年記念礼拝パンフレット1

60周年記念礼拝パンフレット2

杉戸キリスト教会60周年記念集会

杉戸キリスト教会60周年記念集会

杉戸キリスト教会地図

創立記念礼拝メッセージ「神のいつくしみときびしさ」ローマ28

杉戸キリスト教会創立記念礼拝メッセージ「神のいつくしみときびしさ」ローマ28(クリックで聴けます)

聖書箇所:ローマ人への手紙11章13ー24節

17 もしも、枝の中のあるものが折られて、野生種のオリーブであるあなたがその枝に混じってつがれ、そしてオリーブの根の豊かな養分をともに受けているのだとしたら、18 あなたはその枝に対して誇ってはいけません。誇ったとしても、あなたが根をささえているのではなく、根があなたをささえているのです。19 枝が折られたのは、私がつぎ合わされるためだ、とあなたは言うでしょう 20 そのとおりです。彼らは不信仰によって折られ、あなたは信仰によって立っています。高ぶらないで、かえって恐れなさい。21 もし神が台木の枝を惜しまれなかったとすれば、あなたをも惜しまれないでしょう。22 見てごらんなさい。神のいつくしみときびしさを。倒れた者の上にあるのは、きびしさです。あなたの上にあるのは、神のいつくしみです。ただし、あなたがそのいつくしみの中にとどまっていればであって、そうでなければ、あなたも切り落とされるのです。23 彼らであっても、もし不信仰を続けなければ、つぎ合わされるのです。神は、彼らを再びつぎ合わすことができるのです。24 もしあなたが、野生種であるオリーブの木から切り取られ、もとの性質に反して、栽培されたオリーブの木につがれたのであれば、これらの栽培種のものは、もっとたやすく自分の台木につがれるはずです。ローマ人への手紙11章17−24節

教会創立記念礼拝メッセージ「万物の創造主」

教会創立記念礼拝メッセージ「万物の創造主」(クリックで聴けます)

聖書箇所:ヨハネの黙示録4章1ー11節

「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」黙示録4章11節

手に入れた形あるものも、やがて失い、やがて過ぎ去り、やがて消え去る。そんなこの世の無常さを、いやというほど感じていたとしても、上を向いて、天を見上げるなら、雲のむこう側には、変わらない希望の光がいつも輝いています。

黙示録4章は、今も天におられる、万物の創造主なる神の御座とその回りの現実を映写しています。

野獣の代表として獅子(ライオン)、家畜の代表として雄牛、鳥の代表として鷲、そして創造の冠としての人間。

万物を代表する4つの生き物が絶え間なく賛美をささげ、24人の長老たちがひれ伏しつつ拝んでいたのは、虹が取り巻く御座についておられ、永遠に生きておられ、宝石のように光を放っておられる万物の創造主でした。

聖書が語る救いとは、存在の成就です。決して滅びることのない永遠の存在とされること。いつまでも残る者とされること。それが聖書の語る救いです。

万物の創造主は、そのような救いを創造の目的として私たちを造り、そのような救いに向かって万物を、そしてあなたを、今も導いておられます。

教会創立記念礼拝メッセージ「大いなる原則」

教会創立記念礼拝メッセージ「大いなる原則」

聖書箇所:マタイ福音書6章1-34節

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。マタイ福音書6章33節

日本同盟基督教団・杉戸キリスト教会創立記念礼拝に共に招かれ、心より感謝します。今日から3回にわたって、教会の3本柱といえるとても大切な聖書のみことばを、いっしょに心に刻みたいと思っています。

今日は「大いなる原則」、来週は「大いなる戒め」、講壇交換を挟んで8月最後の週には「大いなる委託」について覚えます。

マタイ福音書の6章は、5章から7章にかけて記されている「山上の説教」と呼ばれる主イエスの教えの核となる部分です。

山上の説教では、神の国のライフスタイルが教えられていますが、6章には神の国のライフスタイルの核となる、大いなる原則が教えられているのです。

それは、「もしあなたが神の国とその義とをまず第一に求めて生きるなら、幸せに生きるために必要なすべてが、おまけとして与えられる」という原則です。

実はその大いなる原則に基づいて、「こう祈りなさい」と教えられた祈りが、「主の祈り」なのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

教会創立記念礼拝メッセージ「健康な教会の姿」

教会創立記念礼拝メッセージ「健康な教会の姿」

聖書箇所:使徒の働き6章1-7節

そのころ、弟子たちがふえるにつれて、ギリシヤ語を使うユダヤ人たちが、ヘブル語を使うユダヤ人たちに対して苦情を申し立てた。彼らのうちのやもめたちが、毎日の配給でなおざりにされていたからである。使徒の働き6章1節

からだが健康であるとは、どういう状態でしょうか。
様々な変化や問題があったとしても、それらに適切に対処できているなら、それは健康な状態です。

使徒の働き6章前半には、キリストのからだである教会の姿が記録されています。そこには、問題があったとしても、それらに適切に対処している健康なキリストの体・教会の姿が描かれています。

問題のないからだ、問題のない教会はありません。けれども問題の中にあって、聖霊なる神の励ましと慰め、そしてすべての背後にある主の力強い御手によって、蒔かれた種は芽を出し、成長し、そして豊かな実を結びます。

教会とは、教会堂のことではなく、主イエスによって呼び出され、集められたキリスト信者一人一人です。教会はキリストのからだであり、かしらはキリストです。私たち一人一人は、キリストのからだの各器官として有機的に一つとされ、それぞれの働きと使命に生かされるのです。