When you believe

Fri, 10 Dec 2010 10:09:57 JST (2510d)

ブレイクスルーフェイス

 数年前、アカデミー最優秀主題歌賞に選ばれた、「When you believe」「あなたが信じる時」というゴスペルソングがあります。(スティーブン・シュワルツという人が作詞・作曲をし、マライヤ・キャリーとホイットニー・ヒューストンによって、デュエットで歌われた)

 この曲は、旧約聖書の出エジプト記を題材にしたアニメ映画「プリンス・オブ・エジプト」の主題歌でした。(この映画は若干脚色されていますが、最新のコンピュータグラフィックスを使って、聖書を生き生きと描いています。海が分かれるシーンや海の底を歩いて渡るシーンなども見ごたえがあります)

 さて、この「When you believe」「あなたが信じる時」という歌の歌詞を、ここで少し、皆さんに紹介したいのです。こんな内容の歌詞です(野町私訳)。

『幾日もの夜、私たちは祈りが聞かれるという確信を持てないけれども祈り続けてきた。 私たちの心の中には、小さな希望の歌があった。 今、私たちは、たくさんの恐ろしいことがあるのを知っている。でももう恐れない。 そんなことができると気付くずっと前から、私たちは山々を動かしていたから。

あなたが信じる時、奇跡が起こる。 希望はかすかなものであっても、それを消すことはできない。 誰が知っているだろうか、どんな奇跡をあなたが成し遂げるかを。 あなたが信じる時、 必ずあなたは神の栄光に満ちた奇跡を見るはず。 あなたが信じるなら、あなたは神の奇跡を見るはず。

この恐れの時、 祈りが次々と空しく消えていく時。 希望はまるで夏の鳥のよう、 とても素早く空に飛び去ってしまう。 でも今、私はここに立っている。 私の心はとても満たされて、言葉にあらわせないほど。 捜し求めていた信仰、口にしているこの言葉。 私がこんなことを言うなんて、思いもしなかった。

あなたが信じる時、奇跡が起こる。 希望はかすかなものであっても、それを消すことはできない。 誰が知っているだろうか、どんな奇跡をあなたが成し遂げるかを。 あなたが信じる時、 必ずあなたは神の奇跡を見るはず。 あなたが信じるなら、あなたは神の奇跡を見るはず。

あなたが祈り求めても、いつも奇跡が起こるわけじゃない。 だから恐れと失望の中に落込んでいくことは簡単なこと。 でも、あなたが信仰を通して現実を見るとき、 あなたは雨の中で救いの道を見出す。 そして「助けはとても近くにある」とその道を歩いているあなたは言うでしょう。』

 この中で、特にわたしの心に印象深く残っているのは、「そんなことができると気付くずっと前から、私たちは山々を動かしていた」という言葉です。これは短い言葉ですが、聖書が教えている信仰を、的確に表現している言葉ではないかと思います。この言葉が意味しているのは、つまりこういうことです。「私たちが心の中で感じているよりもはるかに確実に、私たちの祈りは主なる神に聞かれている」ということです。

 実際私たちキリスト者は、祈ってもすぐに応えられない経験をしばしば味わいます。また、まさに山のようにちょっとやそっとでは動かない、いや不可能だと思われる祈りの課題がたくさんあります。家族・親族や友人を覚えて祈る時、そんなふうに感じます。また、高い地位にある方たちや国々を覚えて祈る時、教会を覚えて祈る時、そんなふうに感じてしまいます。

 けれども、みこころにかなった祈りを主イエスに祈る時、この世界を包む主の祈りを日々祈る時、「そんなことができると気付くずっと前から、私たちは山々を動かしている」。ということが起っているのです。

 実は、ハイデルベルク信仰問答の中にも、「私たちが心の中で感じているよりもはるかに確実に、私たちの祈りは主なる神に聞かれている」という霊的真理が紹介されています。

問129:「アーメン」という言葉は、何を意味していますか。

答:「アーメン」とは、それが真実であり、確実である、ということです。なぜなら、これらのこと(主の祈りの内容)を神に願い求めていると、わたしが心の中で感じているよりもはるかに確実に、わたしの祈りはこの方に聞かれているからです。

http://gospel.sakura.ne.jp/message16.html

(野町)

また、2007年イギリスの有名オーディション番組“X factor"で優勝したLeon Jacksonのファーストシングルがこの“When you believe”のカバーで大ヒットした。