牧師が追い詰められる時

Fri, 28 Apr 2006 22:14:02 JST (4101d)

先日東海福音フェローシップ(TEF)の講演がありましたが、 講師は赤坂泉先生、テーマは「牧師が追い詰められる時」でした。教えられた内容を、少し分かち合いたいと思います。

人に関わる仕事は、目に見える形で思ったような結果が出しにくく、きちんと評価されることもない場合が多いです。ですから、勤勉で熱心な人で、しかも人に関わる職域で働く人は、燃え尽き症候群になりやすいということが語られました。

そして、なぜ牧師が追い詰められるのか、その主な原因が5つ挙げられました。

1、牧会とは何かということについて正しく理解出来ていない

牧会とは、・・・支配することではない。所有することではない。自己実現の手段ではない。信徒を喜ばせることではない。

うーん。わかっているつもりなのですが、改めて考えさせられました。自分の責任の範囲を正しく自覚していく必要を覚えました。

2、召しについての誤解

3、霊性についての誤解

4、外的要因

5、サタンの攻撃

肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢。特にクリック一つの向こう側にサタンが手ぐすね引いて待っているインターネットポルノなどなど。アカウンタビリティ・パートナー(弱さを打ち明けて見張り合う仲間)の必要。

牧師が辞めて一番喜ぶのはサタンです。ぜひこのサイトに集められた者たちが支え合い、祈りあって、遣わされた生活の場で、最後まで奉仕を全うさせて頂きたいと願わされます。

在主

野町真理

http://shinrinomachi.at.infoseek.co.jp/