主人の帰還

Thu, 07 May 2009 19:09:40 JST (2910d)

ルカ福音書

のまちゃんのPODCAST メッセージ「主人の帰還」

聖書箇所:ルカ福音書12:35-48

みことば

腰に帯を締め、あかりをともしていなさい。主人が婚礼から帰って来て戸をたたいたら、すぐに戸をあけようと、その帰りを待ち受けている人たちのようでありなさい。帰って来た主人に、目をさましているところを見られるしもべたちは幸いです。まことに、あなたがたに告げます。主人のほうが帯を締め、そのしもべたちを食卓に着かせ、そばにいて給仕をしてくれます。ルカ12:35-37

今週の説教のあらすじ

買い物をする時、かごにいろいろなものを入れる自由があります。しかし店を出る前には、レジを通って精算しなければなりません。

人生は買い物に似ています。生かされている間、いろいろな自由が与えられています。しかし最後に精算をしなければなりません。人生は、主から一時的に預けられた機会だからです。やがて主は帰って来られます。その時、「与えられた人生をどう生きたのか」が問われます。

主人の帰りを心待ちにし、与えられた使命に忠実に生きるしもべたちは幸いです。なぜなら、主ご自身が帯を締め、そのようなしもべたちのために給仕して下さるからです。いや、主はすでに、私たちにそのように仕えて下さいました。主に足を洗って頂いた弟子たちは、主と隣人に心を込めて仕える者に変えられるのです。