豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その3

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その3

「たどりつけると考えるうちは、他人事としてそのことを捕えている。何事でも、一生かかってもたどり着けないよ。マスター(修士)出ただけでは使い物にならない。3年目ぐらいで一人歩きが出来るようになり、5年目ぐらいでやっと成果が出始める。回り道をして来たという人は、回り道を通っているその時には、それが回り道だとは思ってなかったはず。だからその時その時を真剣に生きて来たはず。計算ずくの回り道ではだめ。命がけで一つのことに打ち込めない。魂が入らない。また迷う。企業にとっても、借りの仕事と考えている人を採用するのと、命がけでやろうとしている人を採用するのとは全然違う。貴花田だって柔道がうまくなろうとして相撲をやっているわけじゃない。もしそうだったらあんなに強くなれない。人生は短いし限られてる。やりたいことがあるんだったら、まっすぐにそれに打ち込むべき。」Y先生

「2、3日の間に約束を破るようなやつは、私は絶対牧師として、いや、人間として認めない。学業をおろそかにしている状態、ふらふらしている状態で人を説得できるわけがない。父さんに電話しなさい。頑張ってやっている。その一言だけでもいいから。」B先生

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その2

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その2

「いずれ後輩を育てる立場になる時が来る。その時のために失敗は恐れてはならないが、恥ずかしいことはしてはいけない。」

大学の研究室では、数年経てば自分が先輩になり、後輩を育てる立場になる。後輩は少し先を行く先輩の研究に対する態度や姿勢を見て育つ。失敗することは恥ずかしいことではない。けれども、怠惰であったり、本業をおろそかにしたり、卑怯なことをすることは恥ずかしいことである。そのような恥ずかしいことをする反面教師になってはいけない。
この教えは、大学の研究室だけでなく、あらゆる現場において、しっかりと心に刻むべきものであると私は考える。

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その1

「トラブルがあったら、装置を止めて徹底的に原因を調査しなさい。原因がわからないうちは絶対に装置を動かしてはならない。そんなことをしたら、同じ事故が同じ原因で再び起こるから。原因を突き止め、問題に対処してから、装置は動かしなさい。」

工学、技術、科学、テクノロジーとかサイエンスといった分野では、実験によって真理をあぶり出し、実験によって研究を進める。実験によって再現性が得られるデータを出す。再現性とは、誰が実験を行っても同じ条件のもとに実験を再現でき、同じデータを得る事ができることを意味する。実に再現性によって、技術や科学は成り立っている。エンジニア(技術者)の卵として、訓練のために高価な実験装置のメンテナンス(維持・管理)を任される際、上記の言葉は耳にタコができるほど教えられた。
原子力発電所の再稼働においても、信頼と安全の回復のために、まさに上記の教えが妥協なく適用されなければならないと私は考える。安全や信頼も再現性の上に成り立つのだから。

豊橋技術科学大学佐々木愼一学長のメッセージ

豊橋技術科学大学佐々木愼一学長のメッセージ

生ける水 豊橋技術科学大学聖書研究会資料

生ける水 豊橋技術科学大学聖書研究会資料