いつもの生活って、奇跡でした。

いつもの生活って、奇跡でした。

何気ない日常生活。実はそこには本当の幸せがあり、それは奇跡。
いつもの生活って、奇跡でした。
そしていつもの生活って、今も奇跡です。
6年目の3.11を覚えつつ。
教会員の生老病死に寄り添いつつ。

私とバイク その5

シャツを脱ぐ時にかなり左肩に痛みがあったが、切り傷やすり傷はなかったのでシャワーを浴びた。転倒のショックもあったので、夕食を食べ、早めに床に就いた。

翌朝になっても左肩に痛みがあったので、念のために病院に行ってみた。最初の病院では外来診察受付が定員となっていて、近くの病院を紹介してもらった。

レントゲン写真を見て、医師が言った。「ああ、やっぱり折れてますね。肩の関節に近い部分で鎖骨が折れています。このままだとうまく治らないので、手術した方がいいです。まだ若いから手術してしっかり治した方がいい。」それは、やっと痛みの理由が明らかになった時だった。それで先ほどの病院に紹介状を書いてもらい、改めて外来診察をしていただいた。手術のための検査(レントゲン撮影、血液検査、尿検査、心電図検査)をし、手術の日程を決めて家に帰って来たときには、とても疲れていた。手術は次週の水曜日と決まった。

ただ三角巾で左腕を吊っているだけで、痛み止めもシップも何もない。約1週間はそのような状態だった。骨折した状態のままなので、動かし方によってはとても痛い。けれども、利き腕が使えたので本当に感謝だった。

続く