YELL(エール)/ いきものがかり

のまちゃん牧師のギター弾き語りです。

とても励まされる歌です。「永遠など無いと気づいたときから」という箇所は、「この地上の人生において、永遠など無いと気づいたときから」ということだと受け止めつつ。

もともと音楽を聴くのは好きでしたが、イエス・キリストの愛に出会う前は、自分で楽器を弾こうとまでは思いませんでした。

けれども、イエス・キリストに出会ってから、アルバイトしたお金でギターを買い込み、練習し始めました。自分で楽器を奏でて表現したい喜びや感謝が与えられたからです。

The Rose のまちゃん牧師のギター弾き語り

埼玉県杉戸町、古利根川の流れのほとりから、THE ROSEを歌います。
以下歌詞の試訳。

Some say love it is a river that drowns the tender reed
愛は、柔らかな葦を沈め、溺れさせる川だという人がいる。

Some say love it is a razor that leaves your soul to bleed
愛は、魂を切り裂き、出血させる剃刀だという人がいる。

Some say love it is a hunger and endless aching need
愛は飢えであり、飽くなきうずきだという人がいる。

I say love it is a flower and you its only seed
私は言おう。愛は花だ。そしてあなたは、愛の花を咲かせる種だと。

It’s the heart afraid of breaking that never learns to dance.
決してダンスを学べないもの。それは傷つくことを恐れる心。

It’s the dream afraid of waking that never takes the chance.
決してチャンスを掴むことができないもの。それは目覚めることを恐れる夢。

It’s the one who won’t be taken, who cannot seem to give,
取られることをいやがる者は、与える幸いを知ることはない。

and the soul afraid of dyin’ that never learns to live.
死ぬことを恐れる魂は、決して生きることを学べない。

When the night has been too lonely and the road has been too long
さみしすぎる孤独な夜が訪れ、夜明けまでの道のりがあまりにも長い時。

And you think that love is only for the lucky and the strong
愛は、ラッキー(幸運)な人や強い人だけのものだとあなたが思う時。

Just remember in the winter far beneath the bitter snows
思い出して欲しい。凍てつく冬、雪のはるか下でじっと耐えている種を。

Lies the seed that with the sun’s love
雪の下で耐えているその種は、あったかい太陽の愛をいっぱい受けて、

In the spring becomes the rose
やがて春には、美しい薔薇になるということを。

防災 が「想定外」とならないことを切に祈る

2009年8月11日早朝、浜岡原子力発電所周辺で震度6弱前後の揺れがありました。 東名高速などが一時寸断されました。朝日新聞の記事によると、本番の東海地震では今回 の200倍のエネルギーが予想されています。けれども、浜岡原子力発電所5号機1階で は、今回の地震でも想定値を上回る揺れが記録されました。

柏崎原子力発電所でも想定外であった2倍以上の揺れに襲われました。今回のデーターが 、今後の防災に本当に生かされ、「想定外」がもたらす悪夢から守られますように。特に 、東海地震の震源地(ずれる大きなプレート)の真上に位置する浜岡原子力発電所の防災 が「想定外」とならないことを切に切に祈ります。(野町真理)

教会形成・アジア21・そして世界へ(宣教協力JAWS21)

日本とアジアと世界に仕える日本同盟基督教団・国外宣教デー2008のための動画です。