コンピューターの進歩がもたらす恩恵は、コロナの時代だからこそ輝いている

あなたは、国からいただいた10万円を、どのように使われたでしょうか?私は、16インチMacbook Proの整備品を、オンラインアップルストアにて購入する資金の一部として用いました。2020年5月末のことです。この半年、16インチMacbook Proは大活躍しています。

それまで私が使っていたのは、2012年半ばに製造された15インチMacbook Proでした。当時は円高で、13万円ぐらいで購入できました。自分でメモリを増設したり、ハードディスクをSSDにしたり、バッテリーや電源アダプターを交換したりしながら、約8年間フルに使ってきました。

文章作成、ネットの閲覧、動画再生、プレゼンテーション、表計算といった軽い作業は、今でも快適なのです。けれどもコロナによって、オンライン礼拝のための動画編集やオンラインビデオ会議といった重たい作業がどんどん増え、Macのファンがひっきりなしに回り続ける状態になってしまったのです。

16インチMacbook Proによって、動画編集の時間が劇的に短くなりました。また、オンラインビデオ会議においても、ほとんどファンが回らないで会議に集中できます。これからコンピューターを買われる方には、最近発表されたアップルシリコン(M1)搭載のMacシリーズをお勧めします。コンピューターの進歩がもたらす恩恵は、コロナの時代だからこそ輝いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です