被害者にも加害者にもならないために

交通事故の原因
スピードの出し過ぎ
車間距離の詰めすぎ
急ブレーキ、急ハンドル
信号や標識、一旦停止や徐行を無視した運転
わき見運転等の注意散漫
相手の動きや状況を予測しない運転
安全確認の甘さ:交差点進入時、左折等、バック時、ドア開閉時、車線変更時など
下り坂でのエンジンブレーキ不使用
寝不足、休憩不足、体力不足、疲れ
イライラやストレス
自信過剰あるいは自暴自棄
飲酒運転、病気の発作
整備不良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です