豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その2

豊橋技術科学大学の研究室で教えられたこと その2

「いずれ後輩を育てる立場になる時が来る。その時のために失敗は恐れてはならないが、恥ずかしいことはしてはいけない。」

大学の研究室では、数年経てば自分が先輩になり、後輩を育てる立場になる。後輩は少し先を行く先輩の研究に対する態度や姿勢を見て育つ。失敗することは恥ずかしいことではない。けれども、怠惰であったり、本業をおろそかにしたり、卑怯なことをすることは恥ずかしいことである。そのような恥ずかしいことをする反面教師になってはいけない。
この教えは、大学の研究室だけでなく、あらゆる現場において、しっかりと心に刻むべきものであると私は考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です