礼拝メッセージ「弁解の余地」ローマ5

礼拝メッセージ「弁解の余地」ローマ5(クリックで聴けます)
聖書箇所:ローマ人への手紙2章1ー16節

ですから、すべて他人をさばく人よ。あなたに弁解の余地はありません。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めています。さばくあなたが、それと同じことを行っているからです。私たちは、そのようなことを行っている人々に下る神のさばきが正しいことを知っています。そのようなことをしている人々をさばきながら、自分で同じことをしている人よ。あなたは、自分は神のさばきを免れるのだとでも思っているのですか。それとも、神の慈愛があなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と忍耐と寛容とを軽んじているのですか。ところが、あなたは、かたくなさと悔い改めのない心のゆえに、御怒りの日、すなわち、神の正しいさばきの現れる日の御怒りを自分のために積み上げているのです。ローマ2章1-5節

誰もが自分を基準とし、自分勝手に変わる基準を持って生きている。そう聖書は語ります。自分勝手に変わる基準は、自分を評価する時にはとても甘くなり、他人を評価する時にはとても厳しくなります。
自分勝手に変わる基準を持っていると、自分のことは棚に上げて、まるで他人事のように、平気で人を厳しくさばくことができます。なぜなら、同じことをしていても、自分はそんなに悪くなく、他人はとても悪いとしか思えないからです。
そんなあなたに対して神は語られます。あなたに弁解の余地はないと。素直に悔い改め、自分ではなく神を基準として生きる時にだけ、人は義人とされ、御怒りの日に神のさばきを免れることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です