礼拝メッセージ「7日目の休日」

Holiday=Holy Day

礼拝メッセージ「7日目の休日」(クリックで聴けます)

聖書箇所:創世記1章1節-2章3節

こうして、天と地とそのすべての万象が完成された。神は第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。神は第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。創世記2章1-3節

創世記に書き記されている天地創造のドラマには、恵みを刻む2つのリズムが、美しく響いています。

1つ目は、2拍子のリズムです。これは、「夕があり、朝があった。第~日。」という神の言葉によって生み出されます。

「私たちが何かをする前に、まず神が働いておられる。神はすべてを解決へと導いていて下さる。心配しないで。日はまた昇るから。」そんな希望と喜びに満ちたリズムです。このリズムを聴き続けるなら、安らぎと生きる力を得ることができます。

2つ目は、7拍子のリズムです。「夕があり、朝があった。第~日。」という神の言葉が6回繰り返された後、7回目の休符によって生み出されます。

7日目に休まれた神に倣って、7日目に休む。そのようにして、このリズムに生きることができます。6日間働いてすべての仕事をし、7日目にはすべての仕事を止めて神のふところで憩う。そのように私たち人間は造られているのです。

iTunesのようなポッドキャストの受信ソフトにこのバナーをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です